Summary

  • ブンデスリーガ第8節2日目、ドルトムント対ライプツィヒ
  • ライプツィヒが3ー2でドルトムントを撃破
  • 試合後、パウルゼンが喜びを語った

ブンデスリーガ第8節2日目が10月14日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは本拠地でライプツィヒと対戦し、2ー3で敗れた。この試合の25分にチーム2点目を決め、ライプツィヒの勝利に貢献したユスフ・パウルゼンが、90分間の激闘を終え、インタビューに応じている。

――ドルトムント相手のアウェー戦で素晴らしい勝利となりました。試合運びは、プラン通りにいったのでしょうか?

パウルゼン 特に前半は、ドルトムントにストレスを与え、相手の裏のスペースをうまく使うなど、うまくいきましたね。最初の45分間は、本当に良いプレーができていたと思います。ドルトムントはビルドアップに苦しんでいましたし、彼らにほとんどチャンスを作らせませんでした。立ち上がりに失点してしまいましたが、あれはもちろん自分たちのミスですし、起こってはならないことでした。しかし、ああいうこともたまには起きてしまうことなのです。あのシーン以外では、我々が多くのカウンターの場面を作り、ビッグチャンスを迎えていたのではないでしょうか。

――後半についてはいかがですか?

パウルゼン 全体的に見ると、少し奇妙な内容でしたね。PKが2回あり、レッドカードも2枚、そして(ビデオ判定のため)試合が中断される時間も多くありました。高い位置からプレッシャーをかけることができるので、できれば11人対11人のままのほうが良かったです。しかし後半の内容を見ても、我々は低い位置で守りゴールに鍵をかけることもできる、ということを示しました。PK以外では失点しなかったのですから。

© gettyimages

――前半のライプツィヒは特に、ドルトムントCBエーマー・トプラクに常に激しいプレッシャーをかけていました。

パウルゼン 彼は右利きですが、左のCBを務めていました。彼にとって、左足で前線に正確なパスを出すのは難しいことです。トプラクはパスをうまく前線につなげず、バックパスをするだけでしたね。あれこそ、我々が望んでいたものでした。

――ライプツィヒの激しいプレッシングが90分間ずっと続くと考えていた人は、そこまで多くなかったでしょう。

パウルゼン もし私が前半のペースを90分間続けることができたら、きっと陸上競技の選手になったほうがいいかもしれませんね(笑)

――ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、「欧州チャンピオンズリーグ(CL)を含む今季序盤の過密日程を通じ、『トレーニングでどれくらい負荷をかけたらいいか』を学んだ」と言っていました。では、冗談抜きに質問です。あなた方が激しいプレッシングをかけ続けることができたのは、単にトレーニングの負荷をうまく調節してきたからですか?

パウルゼン もちろんトレーニングの負荷を減らすなど、うまく調節していかなければいけないでしょうし、どうやったらより早くリカバリーできるかも学ぶ必要があります。しかしもう一点、忘れてはならないことがあります。それは、この試合でも分かったように、我々が素晴らしい選手層を持っているということです。この試合の先発メンバーに、ウィリー・オーバン、ティモ・ウェアナー、エミル・フォースベルクの名前はありませんでした。さらに彼らのうち2人は、1秒もピッチに立ちませんでした。我々は選手を休ませられるほど、厚い選手層を持っているんですよ。

© gettyimages

――第7節ケルン戦、第8節ドルトムント戦でゴールを決めました。「2度あることは3度ある」で、来週火曜のCLポルト戦でもゴールを決めてくれますか?

パウルゼン もちろんですよ(笑)きっとそうなるでしょう。連続でゴールを決めたいと思わないことなど、ありませんからね。

――これで3位に浮上し、2位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差も1のままです。今の状況についてどう思いますか?

パウルゼン まだ今の段階では、順位表に目を向けることはあまりありません。これからも一生懸命にプレーし、勝ち点を積み重ねていく必要があります。ただ、いずれにしても、アウェーでのドルトムント戦勝利は本当に大きなことです。2年以上も本拠地でのリーグ戦無敗記録を守っていたドルトムントから、勝ち点3を奪ったんですから。本当に素晴らしい試合でした。今季ここまでで、最高のパフォーマンスだったのではないでしょうか。