Summary

  • 第8節終了後、監督たちの談話まとめ
  • バイエルンのハインケス新監督が初陣を大勝で飾る

10月13日から15日までブンデスリーガ第8節が行われ、各地で熱戦が繰り広げられた。ユップ・ハインケス新体制となったバイエルン・ミュンヘンフライブルクに5ー0で大勝。首位ドルトムントはホームでライプツィヒに競り負け、約2年半続いたリーグ戦ホーム無敗記録がストップした。各試合後の指揮官たちの談話をまとめた。

バイエルン・ミュンヘン 5-0 フライブルク

ユップ・ハインケス監督(バイエルン・ミュンヘン)
「勝利で勢いはつくが、すべてが素晴らしかったわけではない。まだまだ課題は多い。この先も厳しい相手が続くが、もっと圧倒できるようにならなければ。ただ、今言ったのはハードルを高く設定した上での批判だ」

クリスティアン・シュトライヒ監督(フライブルク)
「もっとやれると思っていたので、相当がっかりしている。前半に2度カウンターチャンスがあったが、それらをうまく生かすことができなかったことがそれを象徴している。すべてを出し切ったが力が及ばず、バイエルンを楽にしてしまった」

ドルトムント 2-3 ライプツィヒ

ペーター・ボス監督(ドルトムント)
「緊張感はあったものの素晴らしい試合ではなく、いいサッカーでもなかった。前半の我々は非常に悪い内容だった」

ラルフ・ハーゼンヒュットル監督(ライプツィヒ)
「ここ(ドルトムント)で勝てたということは、いくつかの点で正しくやれたということ。ゲームプランをしっかりとうまく実践してくれた。ここでは多くのことを完璧にやらなければ勝つことはできない。自分たちを信じ続けられたことが大きかった」

© imago

ヘルタ・ベルリン 0ー2 シャルケ

パル・ダールダイ監督(ヘルタ・ベルリン)
「勝つべくして勝った相手におめでとうと言いたい。(シャルケは)我々よりダイナミックでフレッシュさもあった。試合までの3日間、練習でやってきたことが正しかったのか自問しなければならない」

ドメニコ・テデスコ監督(シャルケ)
「とてもいい試合ができた。キックオフからボールポゼッションが高かったし、相手にとって決して簡単ではなかったはずだ。ここ(ベルリン)でヘルタに流れの中から一度もチャンスを与えなかったことは、ボール支配率が高かったことよりも喜ばしい」

ハノーファー 1ー2 アイントラハト・フランクフルト

アンドレ・ブライテンライター監督(ハノーファー)
「決定的なデュエルで負けることが多かったので、この敗戦に文句をつけることはできない。小さなことが勝負を決めたが、それがことごとくフランクフルトに有利に働いた。90分間を通してみれば、フランクフルトが労せずに勝利を得たとは言えない」

ニコ・コバチ監督(アイントラハト・フランクフルト)
「あの時間(89分)に決勝ゴールが決まったことはもちろん幸運だったが、ウチのほうがチャンスは多かったし、妥当な勝利だ。重要な局面で相手よりも落ち着いていたことが報われた。終盤に勝ち越して2連勝を飾ったことはポジティブで、いい方向に向かっていけると思う」

© gettyimages / Martin Rose

マインツ 3ー2 ハンブルガーSV

サンドロ・シュワルツ監督(マインツ)
「前半はとても苦しい試合だったが、後半に入り多くの点を修正できた。結果的に泥臭い勝利を手に入れられた。小さなことがウチのチームに味方してくれた」

マークス・ギスドル監督(ハンブルガーSV)
「この敗戦を受け入れ、消化するのは非常に難しい。もっとやれたはずと思うが、プレーに十分な一貫性がなく勝ち点を持ち帰ることができなかった。いい内容で勝ち点を取れるようにしなければいけない」

シュトゥットガルト 2ー1 ケルン

ハネス・ウォルフ監督(シュトゥトガルト)
「うまく試合に入れず、ケルンに先制のチャンスもあったが、我々には運とゴールをがっちり守るツィーラーがついていた。後半は多くの時間帯でペースを握り、終了間際は目まぐるしく動いていた。勝ち点3を取れて非常にうれしい。ただし、もっと安定感を出せるようにしなければいけない」

ペーター・シュテーガー監督(ケルン)
「非常にうまく試合に入り、チャンスも作った。しかし、10分を過ぎたところで統率が乱れて失点してしまった。後半、選手たちは試合をひっくり返そうとやっていた。終了間際は難しい展開だった。1ー1のまま試合終了まで持っていけたはずだ。力を尽くしたにもかかわらず、勝ち点0でケルンに帰らなければならないのはとても残念だ」

© gettyimages / Matthias Hangst