開幕から好調を維持するホッフェンハイム、ヘルタ、ケルン - © imago
開幕から好調を維持するホッフェンハイム、ヘルタ、ケルン - © imago
ブンデスリーガ

第7節の注目トピックス5選

2試合連続の引き分けに終わった首位バイエルン・ミュンヘンを尻目に、快進撃を続けるケルンとライプツィヒが着実に勝ち点3を積み上げてそれぞれ2位と3位に浮上。ドルトムントとヘルタ・ベルリンの上位対決は両者譲らず引き分けに終わった。7試合を終えて上位争いは勝ち点4差に6チームがひしめく大混戦。第7節の話題となった5つのトピックスを紹介していく。

1)上位争いは大混戦

首位バイエルンから6位のホッフェンハイムまでの勝ち点差はわずかに「4」。 バイエルンの最大のライバルであるドルトムントだけでなく、今季好調のケルン、ヘルタ、ホッフェンハイム、さらには昇格組のライプツィヒが上位争いに参戦している。第7節終了時点でこれほど上位争いが混戦になるのは、2008/09シーズン以来のこと。ちなみに当時首位に立っていたのはハンブルガーSVだった。

2)PKがドラマを呼ぶ

今節行われたブンデスリーガ9試合で計10本のPK判定があった。一節でこれほど多くのPKが生まれるのは実に30年ぶりのこと。さらにその半数の5本が失敗に終わったのも大きな話題となった。

マインツダルムシュタットの一戦では1点を追うダルムシュタットがハーフタイム直前にPKを獲得。しかし、アントニオミルコ・コーラクが決められず同点のチャンスを逸した。反対にマインツはユヌス・マリが確実にPKを決めて貴重な追加点。PKの成否が勝負の行方を大きく左右した。

また、メンヘングラートバッハはハンブルガーSV戦で2本のPKを失敗。1本目はアンドレ・ハーンがGKレネ・アドラーのセーブに遭い、2本目はラース・シュティンドルのキックがクロスバーに阻まれた。

- © gettyimages / Matthias Hangst
- © imago
- © imago
- © imago / Defodi