ホームでリーグ戦初勝利を目指すケルン。大迫の今季初ゴールなるか? - © © gettyimages / Ronny Hartmann
ホームでリーグ戦初勝利を目指すケルン。大迫の今季初ゴールなるか? - © © gettyimages / Ronny Hartmann
ブンデスリーガ

第7節の注目カード(6)ケルン対ライプツィヒ

ケルンは開幕からの連敗を5で止めたものの、9月28日の欧州リーグ(EL)では2敗目を喫し、浮上のきっかけをつかめずにいる。対するライプツィヒも欧州チャンピオンズリーグ(CL)ではベシクタシュ(トルコ)に完敗。2シーズン続けて好成績を残すことの難しさを味わっている。

対戦データ&トリビア

    ケルンは前節のハノーファー戦を引き分けで終え、ようやく今季初の勝ち点を手にした
    ケルンはここまでリーグワーストの13失点。それでもハノーファー戦では今季初の無失点で乗り切った
    ケルンのホームで行われた昨季対戦は1ー1の引き分けに終わっている
    ライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュットル監督はCL初戦の後に先発5人を入れ替えている。同じくCL直後の今節も大幅なローテーションが予想される
    一方、ケルンのペーター・シュテーガー監督はELの後もほとんどメンバーの入れ替えを行っていない
    ケルンの新戦力ジョン・コルドバはリーグ戦で24本のシュートを放っているがいまだノーゴールが続く
    ハーゼンヒュットル監督は現役時代の1998年から2000年までケルンでプレー(2部で41試合に出場、3ゴール)し、ブンデスリーガ昇格に貢献している
    両指揮官は1990年代にオーストリア・ウィーン(オーストリア)でプレー。1991年からリーグ3連覇を達成している

- © imago / Horstmüller