Summary

  • ブンデスリーガ第7節、ヘルタ対バイエルン
  • ヘルタはリーグ戦でバイエルンに12戦未勝利
  • バイエルンはアンチェロッティ監督解任後の最初の公式戦

欧州チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を受けてカルロ・アンチェロッティ監督の解任に踏み切ったバイエルン・ミュンヘン。敵地でヘルタ・ベルリンと対戦する今節はアシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョルが指揮を執る。迎え撃つヘルタも欧州リーグ(EL)では格下相手に完封負け。両チームともに重苦しい空気を払拭するきっかけをつかみたい。

対戦データ&トリビア

  • バイエルンが第6節終了時点で勝ち点「13」にとどまるのは、ドルトムントに優勝をさらわれた2010/11シーズン以来のこと
  • ヘルタは第6節を終えて2勝2分け2敗の勝ち点「8」。同時期で比較すると最近3シーズンでワーストの成績
  • 5連覇中のバイエルンは過去5シーズンの170試合のうち152試合で首位の座を維持していたが、今季は一度として首位に立っていない
  • ヘルタは今季の勝ち点「8」のうち「6」ポイントをホームで獲得。今季も極端な内弁慶が続いている
  • ヘルタは2009年2月の勝利を最後にリーグ戦で12試合バイエルン戦に勝っていない。それどころか、前回対戦で引き分けるまでは11連敗を喫していた
  • バイエルンのアリエン・ロッベンは前節、リーグ戦通算92ゴール目を挙げ、ジオバネ・エウベルが持つクラブの外国人選手最多得点記録に並んだ。今節もゴールを決めれば単独最多に躍り出る
  • このカードはチーム平均年齢がリーグで最も高い2チームによる対戦
  • バイエルンは2010年にドルトムントに敗れたのを最後に、オクトーバーフェスト期間中はブンデスリーガで無敗を継続中(20勝5分け)
  • 前節のマインツ戦で一発退場となったヘルタのベダド・イビシェビッチは出場停止。ここまでチームの6得点のうち3得点をアシストしていた
  • ヘルタのマシュー・レッキーは開幕からホームで3試合連続ゴール中。いずれの試合もチームに先制点をもたらしている

© imago / ActionPictures

予想ラインナップ

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ワイザー、シュターク、レキク、プラッテンハート;シェルブレッド、ダリダ;レッキー、ドゥダ、カルー、エスワイン

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ウルライヒ;キミッヒ、ボアテング、フメルス、アラバ;ルディ、トリッソ;ロッベン、ミュラー、リベリ;レバンドフスキ