圧倒的な攻撃力で首位を快走するドルトムント。第6節のトピックスを紹介 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
圧倒的な攻撃力で首位を快走するドルトムント。第6節のトピックスを紹介 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第6節の注目トピックス5選

攻守ががっちり噛み合ったドルトムントがまた一つ新たなリーグ記録を樹立した。一方、王者バイエルン・ミュンヘンはまさかのドローで3位に後退。6連覇へ向け、雲行きが怪しくなっている。デジャブのような展開から見慣れない出来事まで……第6節の5つのトピックスを紹介する。

1)ドルトムント攻撃陣の恐るべき破壊力

首位ドルトムントがマクシミリアン・フィリップの2得点、ピエールエメリック・オバメヤンのハットトリック、ユリアン・ワイグルのブンデスリーガ初ゴールでメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)を6ー1で粉砕した。第6節終了時点に奪ったゴールはすでに「19」。さらに、守ってもここまでわずか1失点と鉄壁の守備を誇っている。得失点差「+18」は、第6節終了時点でのブンデスリーガ新記録だ。

すでに今季8ゴールと2年連続得点王に向けて視界良好のオバメヤンを中心に、フィリップ、クリスティアン・プリシッチ、新加入のアンドリー・ヤルモレンコらが強力な3トップを形成。その破壊力はマーコ・ロイスとアンドレ・シュアレをケガで欠いていることを忘れてしまうほどだ。ケガ人が復帰する頃にはペーター・ボス監督の戦術もより一層浸透しているはず。ドルトムント攻撃陣がどこまで突き抜けるのか注目だ。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago / Ulmer
- © gettyimages / Daniel Roland
- © gettyimages
- © imago / Jan Huebner