両チームの対戦では過去10試合で計42ゴールが生まれている
両チームの対戦では過去10試合で計42ゴールが生まれている
ブンデスリーガ

第6節の注目カード(5)ウォルフスブルク対マインツ

対戦トリビア

ウォルフスブルクは前節、ブレーメンに今季初勝利を献上してリーグ2連敗。開幕戦を白星で飾って以降は2分け2敗と苦しい戦いが続いている。10月2日の第6節ではホームでマインツと対戦。ウォルフスブルクは今季の2勝をいずれもアウェーで挙げているマインツを止めることができるか。

・マインツは第5節まで全試合で得点を挙げているが、5試合連続で失点もしている

・マインツはアウェー2連勝中。今季第5節までに手にした勝ち点7のうち6ポイントを敵地で獲得している。今回のウォルフスブルク戦に勝利すれば、マーティン・シュミット監督の下で初のアウェー3連勝となる

・ウォルフスブルクはここまでシュート25本で1点と非常に得点効率が悪く、決定力不足が課題となっている

・フィリップ・ウォルシャイトは昨季前半までマインツに在籍し、リーグ戦5試合に出場。その後ストーク(イングランド)を経由してウォルフスブルクに加入しており、今回は初の古巣対決となる

・ウォルフスブルクのマクシミリアン・アーノルドは前節までにブンデスリーガ99試合に出場。22歳にして100試合出場の大台にリーチをかけている

- © gettyimages / Rose / Bongarts