Summary

  • ブンデスリーガ第6節2日目、レーバークーゼン対ドルトムント
  • ドルトムントは前節32年ぶりの大勝劇
  • レーバークーゼンも11カ月ぶりの公式戦3連勝を記録

ブンデスリーガ第6節2日目が9月29日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でレーバークーゼンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・ルシアン・ファーブレ監督の就任後、ドルトムントは公式戦負けなし。ブンデスリーガでは2位につけている。

・前節ニュルンベルク戦での7ー0は、ドルトムントにとって32年ぶりの大勝劇となった。

・今季のドルトムントはアウェーで1ゴールしかあげておらず、これはフォルトゥナ・デュッセルドルフやニュルンベルクと並んでリーグ最少タイ。

・レーバークーゼンは約11カ月ぶりの公式戦3連勝を記録。

・第5節終了時でドルトムントはリーグ最多となる12人の選手が得点を記録している。

・レーバークーゼンは本拠地でのドルトムント戦直近11試合で、1勝しかあげていない。

・レーバークーゼンのハイコー・ヘアリッヒ監督は現役時代の大部分をドルトムントで過ごした。選手として1995年から2004年まで在籍し、ブンデスリーガ128試合出場41得点を記録。

・レーバークーゼンは今季、新加入選手の得点がまだない。

© imago / Team 2

予想ラインナップ

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
フラデツキー;ヴァイザー、ター、S・ベンダー、ヴェンデル;L・ベンダー、コーア;ブラント、ハフェルツ、ベイリー;フォラント

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ、ディアロ、シュメルツァー;ヴィツェル、デラネイ;プリシッチ、ロイス、ブルーンラルセン;アルカセル