ドルトムントはこの日の勝利でホームでの連続無敗記録を「24」に伸ばした - © © imago / DeFodi
ドルトムントはこの日の勝利でホームでの連続無敗記録を「24」に伸ばした - © © imago / DeFodi
ブンデスリーガ

ドルトムントがフライブルクを下して3連勝

9月23日、ブンデスリーガ第5節が行われ、香川真司所属のドルトムントフライブルクに3ー1で勝利した。香川はベンチ入りしたものの、前節に続いて出場機会はなかった。

ドルトムント 3ー1 フライブルク

この試合最初の決定機は5分、フライブルクのグリフォがドルトムント最終ラインの裏に飛び出し、ペナルティーエリアの左からシュートを放つ。しかしこれはうまくミートせず、GKのビュルキが難なくセーブした。

ドルトムントも10分、ビュルキのゴールキックからワイグル、カストロ、ゲッツェ、カストロとつなぎ、左サイドのデンベレがクロス。中央のオバメヤンには合わなかったが、徐々にドルトムントがペースをつかんでいく。

18分にはギンターのスルーパスに抜け出したオバメヤンがGKの頭越しに際どいループシュート。22分にはモルのシュートがフライブルクDFの足に当たってコースが変わり、クロスバーを直撃する。ドルトムントの波状攻撃が実ったのは45分、ゲッツェのパスに反応したデンベレがペナルティーエリア左に進入して中央へグラウンダーのクロスを送ると、これをオバメヤンが難なく押し込んで先制に成功した。

- © imago / ActionPictures