第5節では試合終了間際に多くのゴールが生まれた
第5節では試合終了間際に多くのゴールが生まれた
ブンデスリーガ

第5節の注目トピックス5選

1)終了間際のゴールラッシュ!

バイエルン・ミュンへンが88分の決勝ゴールで開幕5連勝。リーグ5連覇に向けて勝負強さを発揮した。一方、敗れたハンブルガーSVは監督を更迭。早くも今季2人目の監督交代となった。ドルトムントはクラブ記録に並ぶ快勝で2位に浮上し、名実ともにバイエルン追撃の一番手に名乗り。第5節の話題となった5つのトピックスを紹介していく。

“遅ればせでも、ないよりはましだ”。9月24日の試合では終了間際に4つのゴールが生まれ、このことわざが心に響く土曜日となった。バイエルンのヨシュア・キミッヒがハンブルク戦で88分に決勝点を挙げたのを皮切りに、マインツレーバークーゼンではチチャリートが後半アディショナルタイムにハットトリックを達成。アイントラハト・フランクフルトヘルタ・ベルリンではマイケル・ヘクターが終了間際に同点弾を決めてフランクフルトに勝ち点1をもたらした。同日のナイトゲームでも、ブレーメンが86分と91分にゴールを決めてうれしい今季初勝利を飾っている。

2)ブレーメン、劇的な勝利が転機となるか

開幕4連敗と大荒れのシーズンインとなったブレーメンがようやく今季初勝利。劇的な試合運びで白星をつかみ取った。アレクサンダー・ヌーリ暫定監督の初陣となったウォルフスブルク戦はオウンゴールで先制点を献上したが、終了のホイッスルが近づき始めた頃にブレーメン劇場が開幕する。86分、レナート・ティーが同点弾を決めて試合を振り出しに戻すと、アディショナルタイムにテオドール・ゲーブレセーラシが頭で押し込んで勝ち越し。ハッピーエンドをもたらした。

- © gettyimages / Oliver Hardt/Bongarts
- © Matthias Hangst
- © gettyimages / Grimm