バイエルンのハメスが鮮烈な先発デビュー。第5節のトピックスを紹介 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
バイエルンのハメスが鮮烈な先発デビュー。第5節のトピックスを紹介 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第5節の注目トピックス5選

完璧な先発デビューを飾ったハメス・ロドリゲスの活躍で王者バイエルン・ミュンヘンが2位に浮上。今季初先発の香川真司は先制点を挙げて日本人選手の歴代得点ランキングトップに踊り出た。首位ドルトムントの後を追うチームの中にはハノーファーやアウクスブルクといった予想外の顔触れもあり、ブンデスリーガは早くも混戦模様。第5節のトピックス5つを紹介する。

1)ハメス!ハメス!!ハメス!!!

バイエルンのハメス・ロドリゲスがシャルケ戦でド派手な先発デビューを飾った。25分にPKを獲得してロベルト・レバンドフスキの先制点につなげると、29分には自ら移籍後初ゴールをマーク。75分には芸術的な浮き球のパスでアルトゥーロ・ビダルの得点をアシストし、3ー0のアウェー勝利に貢献した。カルロ・アンチェロッティ監督は試合後、「チーム全員が非常に高いパフォーマンスをしてくれたので、一人だけ持ち上げるのは難しい」とコメント。それでも「ハメスは非常に良かった。まだ100%の状態にはない中でチームプレーに徹し、味方との連係もうまくいっていた」と全3ゴールに絡んだ勝利の立役者に賛辞を送っていた。

- © gettyimages / Grimm / Bongarts
- © gettyimages / Adam Pretty
- © gettyimages
- © gettyimages / Kienzler / Bongarts
- © imago / Contrast