数々の記念ゴールが生まれた第4節のトピックスを紹介
数々の記念ゴールが生まれた第4節のトピックスを紹介
ブンデスリーガ

第4節の注目トピックス5選

昇格組ハノーファーの快進撃が続く中、ブンデスリーガ初の試みとなった13時半キックオフのゲームで歴史を塗り替えるゴールが誕生した。ロベルト・レバンドフスキが自らのゴールで節目の一戦を祝えば、ライバルのピエールエメリック・オバメヤンも記念すべきゴールを記録。第4節の5つのトピックスを紹介する。

1)歴史的な1日に歴史的なゴール

ブンデスリーガで初めて日曜に3試合が開催された9月17日。先陣を切って13時半にスタートしたホッフェンハイムヘルタ・ベルリン(1ー1の引き分け)で新たな記録が生まれた。ホッフェンハイムのサンドロ・ワーグナーが開始6分にブンデスリーガ史上“最も早い”ゴールを記録。スピード記録としては平凡にも思えるが、これまでブンデスリーガの最も早いキックオフは14時から。つまり、史上初めて13時代にゴールが生まれた記念すべき1日となった。

- © imago
- © gettyimages
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / Martin Rose
- © imago