ともに出場機会がありそうなドルトムント香川、ケルン大迫の日本人対決に注目 - © gettyimages
ともに出場機会がありそうなドルトムント香川、ケルン大迫の日本人対決に注目 - © gettyimages
ブンデスリーガ

第4節の注目カード(6)ドルトムント対ケルン

ロンドンで迎えた欧州カップ戦の初戦はともに黒星スタートとなったドルトムントとケルン。一方、ブンデスリーガでは第3節を終えてドルトムントが首位、ケルンは開幕3連敗で最下位と明暗が分かれている。香川真司、大迫勇也の日本人対決なるか。

対戦データ&トリビア

    ケルンの開幕3連敗は史上3度目。1得点7失点はクラブワースト記録
    ドルトムントは第3節を終え、18チームの中で唯一失点がない
    ドルトムントが開幕から3試合連続でクリーンシートを記録するのは通算2度目。1度目の2001/02シーズンはリーグ制覇を果たしている
    両チームの対戦はブンデスリーガ通算85回目となるが、首位vs最下位の構図になるのは初めて
    ケルンはペーター・シュテーガー監督の就任以降、ドルトムントに2勝4分けと負けていない
    ドルトムントはブンデスリーガでホーム39戦連続無敗中。これはリーグ史上5番目に長い記録
    ケルンは開幕3試合で48本のシュートを放っているが、ゴールネットを揺らしたのはわずかに一度
    ケルンはアントニー・モデステが在籍した過去2シーズンで、同選手がゴールを決められなかった37試合でわずか4勝しかしていない
    今季のブンデスリーガ全18チームの中でドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンがゴールを奪ったことがない相手は、自身が所属するドルトムントとケルンだけ。今節ゴールを決めれば実質、全クラブ制覇となる
    開幕3試合のドルトムントのボール支配率は平均69%で、バイエルン・ミュンヘンの62%を上回っている

- © gettyimages