Summary

  • ブンデスリーガ第4節最終日、フランクフルト対ライプツィヒ
  • 今季EL出場チーム同士の対戦
  • 今年に入りフランクフルトは本拠地10試合で勝ち点20を獲得

ブンデスリーガ第4節最終日が9月23日に行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは本拠地でライプツィヒと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・今季欧州リーグ(EL)に出場しているチーム同士の対戦。

・ライプツィヒのブンデスリーガ昇格以降、ライプツィヒの総勝ち点はフランクフルトより30多い(フランクフルトは94、ライプツィヒは124)。

・ライプツィヒは日曜開催の試合で平均1.6ポイントを獲得している。これより多いのはレーバークーゼンとバイエルン・ミュンヘンのみ。

・アドルフ・ヒュッター監督の就任以降、フランクフルトは公式戦6試合のうち4試合で黒星。

・今季のライプツィヒは1試合平均2.3失点。昨季は平均1.6失点だった。

・セバスチャン・ハラーはフランクフルトの選手としては1999/2000シーズンのバシル・サルー以来となる開幕3戦連発。

・ライプツィヒのティモ・ヴェルナーは前節、1年以上ぶりに1試合2得点を記録。

・ヒュッター監督は指揮官として、ライプツィヒのラルフ・ラングニック監督はスポーツディレクターとして、2014/15シーズンにザルツブルク(オーストリア)でともに戦った。

・フランクフルトは2018年のホームゲーム10試合で勝ち点20を獲得している。

・フランクフルトのアンテ・レビッチは2014/15シーズンにフィオレンティーナ(イタリア)からの期限付き移籍で、当時2部のライプツィヒで10試合に出場し、ノーゴールだった。

© gettyimages / Alex Grimm

予想ラインナップ

アイントラハト・フランクフルト(4ー2ー3ー1)
トラップ;ダコスタ、アブラハム、ヌディカ、ファレット;トロ、フェルナンデス;ミュラー、ガチノビッチ、コスティッチ;ハラー

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ムキエレ、ウパメカノ、オーバン、サラッキ;ザビッツァー、カンプル、デメ、フォルスベリ;ポウルセン、ヴェルナー