Summary

  • ブンデスリーガ第34節、ハンブルガーSV対ボルシアMG
  • ハンブルクが降格を回避するには勝利が最低条件
  • ハンブルクの酒井と伊藤は今節も先発予想

逆転残留を目指す17位ハンブルガーSVが欧州カップ戦の出場権を狙う9位メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)をホームに迎える。ハンブルクはブンデスリーガ創設から一度も2部落ちを経験したことがない唯一のクラブ。先発予想の酒井高徳と伊藤達哉はクラブの伝統を守れるか。

対戦データ&トリビア

  • 両チームのブンデスリーガでの対戦は今回で通算100試合目
  • ハンブルクはこのカード最近6試合で3勝2分け1敗と勝ち越している
  • ハンブルクはホームのボルシアMG戦で2連勝中
  • 今季前半戦はボルシアMGが3ー1で勝利。ハンブルクは今季初めて降格圏に転落し、それ以降一度も16位以上に浮上していない
  • ハンブルクは前節の黒星で今季19敗目。1試合を残してクラブワースト2位の敗戦数となった(ワースト1位は2013/14シーズンの21敗)
  • ボルシアMGは現在3戦負けなし(2勝1分け)
  • ハンブルクはホーム2連勝中。今節も勝てば今季初のホーム3連勝となる
  • ボルシアMGのヨジップ・ドルミッチは一昨季の後半戦にハンブルクに所属していたが、6試合出場で1得点にとどまった
  • ハンブルクのルイス・ホルトビーはブンデスリーガ200試合出場達成まであと1試合。ルカ・ワルトシュミットも50試合出場まであと1試合に迫っている

© imago / Kyodo News

予想ラインナップ

ハンブルガーSV(4ー1ー4ー1)
ポラースベック;酒井、パパドプロス、ユング、ドウグラス・サントス;シュタインマン;伊藤、ホルトビー、ハント、コスティッチ;ウッド

メンヘングラートバッハ(4ー4ー2)
ゾマー;エルベディ、ギンター、ベスターガード、ウェント;ホーフマン、クラマー、ザカリア、アザール;ドルミッチ、ラファエル