酒井&伊藤所属のハンブルクは3連勝と逆転残留を目指す - © gettyimages / Martin Rose
酒井&伊藤所属のハンブルクは3連勝と逆転残留を目指す - © gettyimages / Martin Rose
ブンデスリーガ

第33節の注目カード(3)フランクフルト対ハンブルガーSV

崖っぷちからの2連勝で残留を射程圏に捉えた17位ハンブルガーSVが7位アイントラハト・フランクフルトの本拠地に乗り込む。北の名門は3連勝を飾って奇跡の実現に一歩近づけるか。フランクフルトの長谷部誠は出場停止、ハンブルクの酒井高徳と伊藤達哉は先発が予想されている。

対戦データ&トリビア

    ハンブルクが引き分け以下で終わり、16位のウォルフスブルクが勝利するとハンブルクの降格が決まる
    ハンブルクと16位チームの勝ち点差は第30節終了時点で「8」あったが、現在は「2」に縮まっている。ただし、最後の4試合で勝ち点「8」差を挽回して残留したケースは過去にない
    ハンブルクが直近4試合で3勝を挙げているのに対し、フランクフルトは現在リーグワーストの5戦未勝利中
    フランクフルトは対ハンブルク戦で11試合連続勝ち点を獲得している(6勝5分け)
    ハンブルクはクリスティアン・ティッツ監督就任後の6試合で勝ち点10を獲得。上位陣並みの好成績を残している
    フランクフルトのニコ・コバチ監督は来季からバイエルン・ミュンヘンの監督に就任することが決まっている。今節は本拠地フランクフルトでのラストゲーム
    最近5試合で4得点と好調なハンブルクのルイス・ホルトビーは、同クラブでのブンデスリーガ100試合出場まであと1試合に迫っている
    今季限りでの退団が決まっているフランクフルトのGKルーカス・フラデツキーもブンデスリーガ100試合出場まであと1試合。今季ホーム最終戦は節目の一戦となる
    ハンブルクの伊藤はここ数試合で数多くのシュートアシストを記録している

- © gettyimages / Rose / Bongarts