Summary

  • ブンデスリーガ第32節、ケルン対ブレーメン
  • ケルン所属ヘクターの独占インタビュー

5月5日のブンデスリーガ第32節で、大迫勇也が所属する8位のケルンは、6位ブレーメンを本拠地に迎える。欧州リーグ(EL)出場権を争うライバルとの直接対決を目前に控え、ケルンに所属するヨナス・ヘクターが当サイト独語版との独占インタビューに応じてくれた。

――ケルンはここまで良いシーズンを過ごしていると思いますが、チームの中にも一定の満足感があるのではないでしょうか?

ヘクター 確かに満足のいかない時も何度かありましたが、シーズンを通して見れば、満足できると思います。まだ3試合残っていますが、最後にどうなるか見ものですね。

――EL出場権争いにも注目です。

ヘクター ここまで順位が詰まることを、果たして誰が予想できたでしょうか。5位のヘルタ・ベルリンが46ポイント、そしてアイントラハト・フランクフルトは11位で41ポイントですからね・・・。

――そしてケルンは42ポイントです。さらに次節、あなた方は45ポイントのブレーメンと激突します。

ヘクター この白熱する混戦の中にケルンが残っていてうれしく思います。我々にはまだホームゲームが2試合ありますし、レーバークーゼンとのダービーもあります。どのような結果になるか、楽しみですね。

――冬季中断の時には15位だったのに、急激に上昇してきたブレーメンとの一戦は、どのようなものになると予想していますか?

ヘクター 非常に攻撃的な試合になるでしょうね。ブレーメンは大きな自信を手にしていますが、我々も最近のホームゲーム、特にホッフェンハイム戦では良い試合をしていましたから。

――3年前のブンデスリーガ昇格以来、ケルンは毎年一歩ずつ力を伸ばしてきました。その中でも、特に今季変わったところはどこでしょうか?

ヘクター 過去2シーズンと比べると、今季前半戦は特にオフェンス面での向上が見られました。実際に、今シーズンの我々の得点数は、すでに昨季全得点を5つ上回っています。

――あなただけでなく、ティモ・ホーン、レオナルド・ビッテンクールト、マーセル・リッセ、アントニー・モデステなど中心選手が次々と契約を延長していますね。ケルンの未来は非常に明るいように見えます。

ヘクター チームの要となる選手に残ってもらう作業を、クラブはここ数年うまくやってきました。そしてそれは、今日のチームの団結力にもつながっているのです。新加入選手があまり多くないほうが、チーム内の摩擦は少なくなりますし、チームを構築する作業はより簡単になるものです。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Grimm / Bongarts

――あなたやホーン、モデステなどは、欧州のトップクラブも目をつけるような存在です。しかしあなたたちはケルンとの延長を選択しました。具体的に、クラブ側はあなた方に何をしたのでしょうか?

ヘクター 私たちの何人かは2部時代からずっと一緒にプレーしています。みんなで一緒に汗をかき、そしてクラブにアイデンティティを見出してきたのです。チーム一丸となって歩みを進め、成長していくことが非常に刺激的であると、私たちは思っているのです。

――あなたはサッカーの試合を定期的に分析するタイプの選手のようですね。

ヘクター かなり多くの試合を見ますし、分析もよく行います。ですから、自分が見たことや、自分が求めていることをピッチ上で体現するのは、比較的うまくいっていますね。

――ところで、あなたは通信制の大学で経営学を学んでいるようですが。

ヘクター オルデンブルク大学の通信制で、プロスポーツ選手のために設置されたものです。いろんなサポートがあるので、勉強はうまくいっています。現役を引退した後も、クラブを運営する側としてサッカー界に残りたいですね。