- © imago
- © imago
ブンデスリーガ

第32節の注目トピックス5選

リーグチャンピオンに続き、第32節では欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場の1枠と降格の1枠が埋まった。欧州リーグ(EL)を巡る争いも事実上2チームが脱落。悲喜こもごもがあった第32節のトピックス5つを紹介する。

1)難所をクリアしてCL行きの切符を確保

ライプツィヒが最高の形で来季のCL出場権を手に入れた。ホームで抜群の強さを誇るヘルタ・ベルリンを相手に敵地で4ー1の圧勝。歴史的な快進撃を続けてきたチームに今季一番のハイライトが訪れた瞬間だった。

昇格チームがCL出場権を獲得するのは1997/98シーズンのカイザースラウテルン以来、史上2クラブ目の快挙。チームを成功に導いたラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、「とても誇らしく感じている。これだけ多くのサポーターに祝ってもらえるなんて、これ以上のことは望めない」と、ベルリンまで駆けつけたサポーターに感謝していた。

この試合のマッチウィナーはやはりティモ・ウェアナーだろう。先制ゴールに続いてチームの2点目もマークし、今季のゴール数を「19」まで伸ばした。「シーズン通してやり続けた結果、ものすごく大きなものを手に入れることができた」。自らのゴールでチームを引っ張ってきた21歳は、欧州最高峰の舞台への挑戦を心待ちにしている。

- © gettyimages / Boris Streubel
- © imago / imago/ActionPictures
- © gettyimages / Lars Baron
- © gettyimages / Franklin / Bongarts
- © gettyimages / Lennart Preiss