Summary

  • ブンデスリーガ第32節、ブレーメン対ドルトムント
  • 前回対戦ではブレーメンが2ー1で勝利
  • 負傷が癒えたドルトムント香川はベンチ入りの可能性も

前節3位に浮上したドルトムントが12位ブレーメンの本拠地に乗り込む。フローリアン・コーフェルト監督の下でホーム無敗を誇るブレーメンから勝ち点3をもぎ取ることができるか。チーム練習に合流した香川真司は2か月半ぶりの復帰が期待されている。

対戦データ&トリビア

  • ドルトムントは前節、欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うレーバークーゼンに4ー0で大勝。ペーター・シュテーガー監督の就任以降、最大得点差での勝利を飾った
  • ブレーメンのコーフェルト監督は17位に沈んでいたチームを中位まで引き上げて残留を確定させた
  • ドルトムントもシュテーガー監督の就任で8位から3位まで順位を上げた
  • ブレーメンのコーフェルト監督は就任以降ホームで10戦負けなし。ブレーメンの歴代指揮官で最長記録を樹立した
  • ブレーメンが本拠地で10戦連続勝ち点を獲得するのは約12年ぶり
  • ドルトムントはアウェー2連敗中(バイエルンに0ー6、シャルケに0ー2)
  • 今季前半戦はブレーメンが2ー1で勝利し、このカードの連敗を「5」で止めた
  • ドルトムントは前回のブレーメン戦の敗戦後にペーター・ボス監督の解任に踏み切った

© imago / Eibner

予想ラインナップ

ブレーメン(4ー3ー2ー1)
パブレンカ;ゲーブレセーラシ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン;M・エゲシュタイン、デラネイ、ユヌゾビッチ;ベルフォディル、ラシカ;クルーゼ

ドルトムント(4ー1ー4ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、アカンジ;ワイグル;プリシッチ、ゲッツェ、ロイス、サンチョ;フィリップ