前節ケガから復帰した武藤はゴールでチームを救えるか? - © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts
前節ケガから復帰した武藤はゴールでチームを救えるか? - © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts
ブンデスリーガ

第32節の注目カード(4)マインツ対ライプツィヒ

16位のマインツが降格回避を懸けて6位のライプツィヒと対戦する。17位のハンブルガーSVが前日の試合に勝利したため今節中のマインツの残留確定はないが、勝てば限りなく残留が近づく。前節ケガからカムバックを果たした武藤嘉紀は5試合ぶりの先発復帰が予想されている。

対戦データ&トリビア

    マインツの第31節終了時点での勝ち点「30」はクラブワーストの数字
    ライプツィヒは昨季のブンデスリーガ昇格以来、初の4戦未勝利
    ライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュットル監督はブンデスリーガ通算100試合指揮まであと1試合
    ハーゼンヒュットル監督はインゴルシュタットを率いていた2015年8月にブンデスリーガで初めて指揮を執り、マインツ相手に1ー0の勝利を飾っている
    ハーゼンヒュットル監督はマインツ戦で対戦カード別最多の通算4勝を挙げている。ただし、今季前半戦は2ー2で引き分けた
    マインツは前節のアウクスブルク(0ー2)でクラブワーストタイのシーズン12試合目の無得点を記録。不名誉な新記録樹立を回避できるか
    マインツは日曜開催の試合で12戦未勝利(4分け8敗)
    マインツは今季7勝のうち6勝がホーム。ホームゲーム2試合を残しているのは大きなプラス要素
    マインツのGKレネ・アードラーはライプツィヒ生まれ
    マインツの選手でライプツィヒにブンデスリーガで勝利したことがあるのはアードラーだけ(ハンブルガーSVにいた昨季に3ー0で勝利)

- © gettyimages / Matthias Kern/Bongarts