引き分け以下なら降格…ケルンが背水の陣でフライブルクに乗り込む - © © imago
引き分け以下なら降格…ケルンが背水の陣でフライブルクに乗り込む - © © imago
ブンデスリーガ

第32節の注目カード(1)フライブルク対ケルン

最下位のケルンが勝ち点8差で16位につけるフライブルクと対戦。ケルンが降格を回避するためには「勝利」以外に道はない。5連敗中と不調の相手から勝利をもぎ取り、残り2試合に希望をつなぐことができるか。大迫勇也はベンチスタートが予想されている。

対戦データ&トリビア

    ケルンは引き分け以下で降格が決まる。降格となればこの20年で最多の6度目
    ケルンは過去5度の降格のうち2度は1年でブンデスリーガに復帰している。他の3度も2年目で昇格を果たしている
    フライブルクはケルンに勝った上で17位ハンブルガーSVが引き分け以下に終わると、自動降格の回避が決定する
    フライブルクは14年ぶりの5連敗中
    フライブルクは現在は8戦未勝利。18チームの中で最も白星から遠ざかっている
    フライブルクはクラブワーストタイのブンデスリーガ4戦連続ノーゴール中。4戦ノーゴールはクリスティアン・シュトライヒ監督就任後では初めて
    フライブルクはシュトライヒ体制下で対ケルン戦5勝1分けと抜群の成績を残している。今季前半の対戦では90分を終えて2ー3の劣勢から4ー3の大逆転勝利を飾った

- © imago / DeFodi