Summary

  • ブンデスリーガ第32節、ケルンとブレーメンが対戦
  • 直近6試合の対戦成績はケルンの1勝5分け
  • ブレーメンは直近11試合で9勝2分けと絶好調

敵地でドルトムントと引き分けて8位に踏みとどまったケルン。金曜開催の今節は、6位に浮上した好調ブレーメンをホームに迎える。体調不良で前節を欠場した大迫勇也の復帰はあるか。

対戦トリビア

  • ブレーメンは第20節終了時点で16位に沈んでいたが、その後の11試合をリーグトップの9勝2分けで乗り切って6位まで順位を上げた。その間は28得点、9失点と攻守のバランスも抜群
  • 両チームの直近20試合の成績を比べると、ブレーメンは4敗しかしていないのに対し、ケルンは4勝しかしていない
  • 今季のブレーメンはカウンターから11ゴールを決めているが、そのうちの10ゴールは後半戦に入ってから。一方のケルンもカウンターの破壊力はリーグ屈指
  • ブレーメンはアレクサンダー・ヌーリ監督の就任以降、アウェーでも必ず1ゴール以上を奪っている。特に直近のアウェー戦は3試合で計11ゴールを記録
  • ブレーメンのマックス・クルーゼは後半戦に入って絶好調。ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)の14得点に次ぐ12得点を挙げている
  • ケルンのアントニー・モデステはブンデスリーガでブレーメンと6度対戦しているが、いまだノーゴール。さらに一度も勝ったことがない
  • ケルンの昨季最終成績は10勝の勝ち点「43」。今季はすでに10勝の勝ち点「42」に到達した
  • ブレーメンのセルジュ・ニャブリとロバート・バウアー、ケルンのティモ・ホーンは銀メダルを獲得した昨夏のリオ五輪でチームメートだった

© gettyimages / Oliver Hardt

歴史的なデータ

  • ケルンは1980年代初頭以来となる対ブレーメン戦6戦無敗中(1勝5分け)。さらにホームでも6戦無敗中で(2勝4分け)、その間に許した失点はわずか「3」
  • ケルンがホームで最後にブレーメンに敗れたのは2005年11月。元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼにドッペルパック(1試合2得点)を許して1ー4の完敗を喫している
  • ケルンが最も得点を奪っている対戦相手はブレーメン(通算150得点)
  • 現在このカードは4試合連続で引き分け中
  • これまでの対戦でPK判定は通算25回(ケルン8回、ブレーメン17回)。退場処分は通算11回(ケルン8回、ブレーメン3回)
  • ケルンのホーム最大得点差勝利:7-2(1977年8月17日)
  • ブレーメンのアウェー最高成績:4-1(※過去4度あり、2005年12月11日)
  • 歴代最多観客数:5万人(※過去6度あり、2016年5月7日)

予想ラインナップ

ケルン(4ー3ー2ー1)
ホーン;クリュンター、ズボティッチ、ハインツ、ヘクター;ヘーガー、レーマン、ヨイッチ:ルドネフス、ビッテンクールト;モデステ

ブレーメン(3ー5ー2)
ビートバルト;ベリコビッチ、サネ、モイサンデル;ゲーブレセーラシ、ニャブリ、デラネイ、ユヌゾビッチ、バウアー;バーテルス、クルーゼ