Summary

  • ブンデスリーガ第31節、ドルトムントとケルンが対戦
  • 両チームともにチャンスを生かせずスコアレスドロー
  • 香川は66分までプレー、大迫はベンチ外

ブンデスリーガ第31節が4月29日に行われ、香川真司所属のドルトムントと大迫勇也所属のケルンが0ー0で引き分けた。先発の香川は66分までプレー、大迫は体調不良のためメンバー外だった。

ドルトムント 0ー0 ケルン

試合はDFB杯準決勝でバイエルンを下して勢いに乗るドルトムントが、序盤からケルンゴールに迫る展開。14分には香川の折り返しをオバメヤンが押し込んでゴールネットを揺らすが、香川の飛び出しがオフサイド判定となりゴールは認められなかった。

直後の15分には、相手のパスミスをカットした香川が素早く前線にスルーパスを供給。抜け出したロイスが並走するオバメヤンに横パスを出すが、ズボティッチがかろうじてこのボールに触れ、ゴール方向に転がったボールをソーレンセンが水際でクリアした。

© gettyimages

ドルトムントは27分にも左サイドを突破したオバメヤンの折り返しからロイスがダイレクトで狙うが、シュートはクロスバーの上。再三のチャンスを生かすことができない。

29分にはようやくケルンも敵陣に攻め込み、ルドネフスのヒールパスを受けたヨイッチがシュート。さらに32分にはビッテンクールトがドリブル突破からフィニッシュまで持ち込み、ドルトムントのゴールを脅かす。

対するドルトムントは34分にもゴール前の混戦からカストロがダイビングヘッドでゴールネットを揺らすが、再びオフサイド判定で先制点を挙げるには至らなかった。

後半に入っても試合はドルトムントのペースで進むが、50分のシュメルツァーのミドルシュートはGKホーンがセーブ。65分には右サイドのドゥルムのクロスから香川が決定機を迎えたが、うまく合わせ切れずにシュートは大きく枠を外れた。

アディショナルタイムには後方からのロングフィードにゲレイロが頭で合わせたが、これもGKホーンの好セーブに阻まれてタイムアップ。ケルン守備陣を最後まで崩し切れなかったドルトムントは、ホームでは第9節のシャルケ戦以来となるスコアレスドローに終わった。

© imago

【得点】
なし

【ラインナップ】
ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ドゥルム、ソクラティス(74分 ピシュチェク)、ギンター、シュメルツァー;ワイグル、カストロ;プリシッチ、香川(66分 ゲレイロ)、ロイス(66分 デンベレ);オバメヤン

ケルン(4ー4ー2)
ホーン;クリュンター、ソーレンセン、ズボティッチ、ハインツ;ヨイッチ(80分 エズカン)、レーマン、ヘクター、ビッテンクールト(71分 ヘーガー);ルドネフス(55分 ツォラー)、モデステ