バイエルンは今節でリーグ優勝が決まる可能性がある - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
バイエルンは今節でリーグ優勝が決まる可能性がある - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第31節の注目カードを数字で分析

第31節に関する数字だけを並べて本質を見誤ってはならない。サッカーの試合に対する真の理解は、試合を何度も見ることでしか得られないということが第31節で分かるかもしれない。

レーバークーゼン対シャルケ

第31節の数字を熱心に、そして詳細に見ていくと、思いがけない事実に驚かされる。数字からはある一定のパターンを読み取ることができる。セオリーが形成されようとしているのだ。多くの場合、数字というものはある対戦カードでどちらのチームが優位かというような仮説を補足する。今季のブンデスリーガは予想が非常に難しく、もはや過去の結果に捉われるようなことはなくなったが、まずは数字という証拠からいくつかの試合を展望していこう。

まずはレーバークーゼンがホームにシャルケを迎える試合。レーバークーゼンは直近のホームゲームで3戦負けなし、シャルケ戦でも過去5試合は4勝1分けの無敗を誇る。歴史的に見ても、レーバークーゼンにとってシャルケは“お得意様”。通算30勝は対シュトゥットガルト戦の34勝に次いで2番目に良い対戦成績である。一方、シャルケを率いるマークス・ワインツィアル監督の対レーバークーゼン戦の戦績は9試合で0勝3分け6敗。これらの数字を見れば、明らかに「ホームチームが有利」という結論が出る。しかし、降格圏と勝ち点「4」差の12位という状況下で、レーバークーゼンにかかるプレッシャーは増している。したがって、結論を出すのは保留したほうがいい。

- © gettyimages / Stuart Franklin
- © imago / 26509622
- © imago / nordphoto / Straubmeier
- © imago / Jan Huebner