Summary

  • ドルトムントがレーバークーゼンを下して3位に浮上
  • ハンブルガーSVが奇跡の残留へ大きな1勝
  • シュトゥットガルトとアウクスブルクの残留が確定

上位も下位も直接対決が目白押しだった第31節。上位争いではドルトムントレーバークーゼン相手に大勝を飾り、欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権まであと一歩に迫った。下位争いでは17位のハンブルガーSVが残り3戦に希望をつなぐ起死回生の勝利。シーズンのクライマックスに突入したブンデスリーガの第31節を5つのトピックスで振り返る。

1)ドルトムントがダービーの敗戦を払拭

ドルトムントがホームでレーバークーゼンに4ー0の大勝を収め、前節のルール・ダービーでの敗戦を払拭した。順位もレーバークーゼンを抜いて3位に浮上。5位との勝ち点差は「5」となり、来季のCL出場権獲得に大きく前進した。この試合ではマーコ・ロイスが2ゴールを挙げたが、それに負けず劣らず輝きを放ったのが18歳のジェイドン・サンチョだ。待望のブンデスリーガ初ゴールでチームに先制点をもたらすと、チームの3点目と4点目をアシスト。試合後は自身のツイッターで「言葉にできないような気分」と喜びをつづった。

© gettyimages / PATRIK STOLLARZ/AFP/Getty Images

2)ホッフェンハイム、自慢の攻撃陣が大爆発

CL出場権を狙うホッフェンハイムライプツィヒとの直接対決を5ー2で制して5位に浮上。4位レーバークーゼンとの勝ち点差を「2」まで詰めた。現在リーグで最も長く無敗をキープ(5勝3分け)している原動力は、マーク・ウトとセルジュ・ニャブリを擁する強力攻撃陣だ。ウトはライプツィヒ戦で2ゴールを挙げて得点ランキングの2位に浮上。ニャブリも4試合連続ゴールで今季の得点を2桁の大台に乗せた。

© imago / Karina Hessland

3)シュトゥットガルト&アウクスブルクの残留が決定

それぞれホームで2ー0の勝利を飾ったシュトゥットガルトアウクスブルクが3試合を残してブンデスリーガ残留を確定させた。今季ブンデスリーガに復帰したシュトゥットガルトは長く残留争いに巻き込まれていたものの、1月末のタイフン・コルクト監督の就任が転機となり2部へのUターンを回避。新体制下ではホーム6戦無敗(3勝3分け)を記録するなどチームの立て直しに成功した。一方のアウクスブルクもマインツ相手に今季10勝目を挙げて7シーズン連続での残留が決定。マインツ戦では約3カ月ぶりに戦列に戻ったアルフレズ・フィンボガソンが1ゴール1アシストの活躍で自らの復帰を祝った。

© imago

4)ハンブルク、2シーズン連続のミラクルへ!

早ければ下位2チームの降格決定というシナリオが用意されていた第31節。金曜の試合で14位のウォルフスブルクが敗れたことでひとまず今節の降格決定は回避されたが、最下位のケルンと17位のハンブルクはわずかな望みをつなげるために必死に戦った。ホームにシャルケを迎えたケルンは、2点のビハインドから同点に持ち込んで勝ち点1を獲得。次節の16位フライブルクとの最終決戦に首の皮一枚つないだ。一方のハンブルクはルイス・ホルトビーの1点を守り抜いてフライブルクを撃破。勝ち点30で並ぶウォルフスブルク、マインツ、フライブルクに勝ち点「5」差まで迫った。昨季は最終節でプレーオフに回る16位を脱出し、クラブ初の2部降格を回避した北の名門。この1勝は2シーズン連続のミラクルへの序章だと信じたい。

© imago / Nordphoto

5)シュート5本で3点…効率の良さでヘルタが快勝

9位のヘルタ・ベルリンがアウェーで7位のアイントラハト・フランクフルトを撃破した。シュート5本で3ゴールを奪う効率の良い戦いで3ー0の快勝。パル・ダールダイ監督が「我々がプレゼントしたチャンスをフランクフルトが逃してくれて助かった」と話したとおり、運も味方につけての白星だった。これでフランクフルトとの勝ち点差は「4」。残り3戦で来季の欧州リーグ(EL)出場権への滑り込みなるか。

© imago / Eibner