ブンデスリーガ生き残りを懸けて16位アウクスブルクと15位ハンブルクが激突 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ生き残りを懸けて16位アウクスブルクと15位ハンブルクが激突 - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第31節の注目カード(6)アウクスブルク対ハンブルガーSV

残留争いの行方を大きく左右しそうな16位アウクスブルクと15位ハンブルガーSVの直接対決。両チームの勝ち点差はわずか「1」。宇佐美貴史と酒井高徳のマッチアップにも注目だ。

対戦トリビア

    アウクスブルクは直近5試合で4敗を喫しているが、今節勝てば昇降格プレーオフに回る16位を6試合ぶりに脱出することができる
    アウクスブルクはクラブワーストの15戦連続失点中
    ハンブルクはブレーメン、ダルムシュタットに敗れて2連敗中。今節も負ければ2017年に入って初、マークス・ギスドル体制下でワーストタイの3連敗となる
    アウクスブルクは前回のホームゲーム(第29節)でケルンに勝利。2014年末から2015年年明け以来となるホーム2連勝を目指す
    アウクスブルクの残り試合はメンヘングラートバッハ(A)、ドルトムント(H)、ホッフェンハイム(A)と難しい相手ばかり。今節のハンブルク戦は是が非でも勝ち点が欲しいところ
    両チームは昨季の最終節に対戦し、その時はハンブルクが3ー1で勝利。ハンブルクは今季、セットプレーからリーグ最低の4得点しか挙げていないが、この試合では3点すべてをセットプレーから決めた
    今季前半戦はフィリップ・コスティッチの決勝点でハンブルクが1ー0の勝利。アウクスブルクはこの敗戦を受けてディルク・シュスター監督を解任した
    ハンブルクはマティアス・オスチョレクが出場した20試合は8勝5分け7敗と勝ち越しているが、欠場した10試合は1勝1分け8敗と大きく負け越している
    アウクスブルクはリーグ17位の29得点、ハンブルクもリーグ16位の30得点と得点力不足に苦しんでいる

- © imago