激闘が相次いだ第30節のトピックスを紹介
激闘が相次いだ第30節のトピックスを紹介
ブンデスリーガ

第30節の注目トピックス5選

2位の座を懸けたシャルケとドルトムントのルール・ダービーは、ホームのシャルケが2ー0の快勝を収めて5試合ぶりにダービーでの決着をつけた。大混戦の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、アイントラハト・フランクフルトとの直接対決を制したレーバークーゼンがドルトムントに代わって3位に浮上。ニコ・コバチ監督のバイエルン・ミュンヘン行きという電撃発表に揺れたフランクフルトは1ー4の完敗を喫した。新監督人事が決まったバイエルンは他チームの騒動もどこ吹く風で、指揮官の偉業を勝利で祝福。第30節を5つのトピックスで振り返る。

1)シャルケが3年半ぶりのダービー勝利

シャルケが2位、ドルトムントが3位、両チームの勝ち点差が「1」という絶好のシチュエーションで行われたルール・ダービーは、シャルケが2ー0で制して2014年9月以来のダービー勝利を飾った。ドルトムントはシャルケの献身的なプレーを前になす術なく敗れ、ペーター・シュテーガー監督も「シャルケは勝つべくして勝った」と潔く敗北を認めるしかなかった。シャルケは50分にイェフヘン・コノプリャンカがクラブのブンデスリーガ通算2500点目となる一発で先制、82分にはFKからナルドが強烈なシュートを叩き込んで宿敵を沈めた。2位の座を守り、CL出場に大きく前進したシャルケのドメニコ・テデスコ監督は「選手、そしてサポーターにとって非常に喜ばしいこと」と上機嫌だった。

- © gettyimages / Alex Grimm/Bongarts
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Maja Hitij
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Adam Pretty
- © imago / Laci Perenyi
- © imago