Summary

  • ブンデスリーガ第30節、レーバークーゼン対フランクフルト
  • リーグ戦最近5試合の対戦成績はレーバークーゼンの4勝1敗
  • フランクフルトの長谷部は先発予想

欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を狙う4位レーバークーゼンと5位アイントラハト・フランクフルトが激突。両チームの勝ち点差は「2」。アウェーで苦戦が続くフランクフルトは勝ち点をつかんでCL出場権争いに踏みとどまれるか。長谷部誠は先発が予想されている。

対戦データ&トリビア

  • レーバークーゼンは前節、同じくCL出場権を狙うライプツィヒとの直接対決に勝利。今回もライバルから勝ち点を挙げて4位の座を守れるか
  • 今季のフランクフルトは黒星の後に必ず白星を挙げていたが、前節は初めて敗戦後に勝つことができなかった(ホッフェンハイムと引き分け)
  • レーバークーゼンは2018年に入ってホームゲームで負け越している(2勝1分け3敗)
  • フランクフルトは現在リーグ唯一のアウェー4連敗中
  • このカードは通算200ゴールまであと1点に迫っている(ここまでレーバークーゼンが109得点、フランクフルトは90得点)
  • 両チームはブンデスリーガで65度対戦してスコアレスドローが一度もない
  • レーバークーゼンはフランクフルト戦最近5試合で4勝を挙げている
  • 今季は両チームともにドイツサッカー連盟カップで4強入りを果たしている。準決勝ではレーバークーゼンがバイエルン・ミュンヘンと、フランクフルトはシャルケにと対戦する
  • フランクフルトのルカ・ヨビッチは現在ブンデスリーガ4試合連続ゴール中
  • フランクフルトのニコ・コバチ監督は来季からバイエルンを率いることが決まった

© gettyimages / Matthias Hangst

予想ラインナップ

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
レノ:L・ベンダー、ター、レトソス、ヘンリクス;アランギス、バウムガートリンガー;ブラント、ハフェルツ、ベイリー;フォラント

アイントラハト・フランクフルト(3ー5ー1ー1)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、ルス;ダコスタ、ウォルフ、デグズマン、ボアテング、チャンドラー;ファビアン;ヨビッチ