今季のブンデスリーガは序盤から波乱含み。第3節の抑えておきたいトピックスを紹介する
今季のブンデスリーガは序盤から波乱含み。第3節の抑えておきたいトピックスを紹介する
ブンデスリーガ

第3節の注目トピックス5選

1)ドルトムントが“ヒール弾”を連発

第3節ではブンデスリーガ史上初の“メキシコ人対決”が実現。ドルトムントが派手な大勝を収めたほか、バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ監督がクラブ記録に並ぶ連勝を飾った。今節話題となった5つのトピックスを紹介する。

ドルトムントは前節、昇格組のライプツィヒに足をすくわれたが、すぐさま軌道修正。欧州チャンピオンズリーグ(CL)の初戦に続き、ダルムシュタット戦でも6-0の大勝を収めた。

特に目立ったのが9月18日に18歳になったばかりのクリスチャン・プリシッチの活躍。ダルムシュタット戦では1ゴール2アシストを記録し、最近のブンデスリーガ4試合で5つのスコアポイントを稼ぎ出している。ゴンザロ・カストロとゼバスティアン・ローデが見せたヒール弾も見事だった。

- © gettyimages / Johannes Simon

2)アンチェロッティがレーハーゲルに迫る

バイエルンのアンチェロティ監督が新天地でもその手腕を発揮。インゴルシュタットを3-1で下して開幕3連勝を飾り、公式戦の戦績を6戦6勝とした。バイエルンの新監督としてはオットー・レーハーゲル以来となる就任6連勝の好スタート。アンチェロッティは9月21日に行われる第4節のヘルタ・ベルリン戦でクラブ新記録の樹立を目指す。

- © imago
- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Matthias Hangst