Summary

  • ブンデスリーガ第2節、アウクスブルク対ケルン
  • 両チームともに開幕2戦未勝利。シーズン初勝利を目指す
  • ケルンの大迫勇也は今節も先発予想

開幕2連敗を喫してスタートダッシュに失敗したケルンが、今季初勝利を目指してアウクスブルクとのアウェー戦に臨む。アウクスブルクもここまで1分け1敗と勝利がなく、早く今季初白星がほしいところ。ケルンの大迫勇也は今節も先発が予想されている。

対戦データ&トリビア

  • ケルンは2014/15シーズンの再昇格以降、引き分けがブンデスリーガ最多の「39」。コツコツと勝ち点を積み上げ、過去3シーズンの総勝ち点でアウクスブルクを「6」上回っている
  • アウクスブルクはブンデスリーガ昇格7年目を迎えたが、過去に一度しか第2節までに勝利を挙げたことがない
  • ケルンは2011/12シーズン以来の開幕2連敗。このシーズンは2部降格を強いられた
  • ケルンが最後に開幕3連敗を喫したのは2003/04シーズンで、この時も2部に降格している
  • ケルンは今節の後、9月14日に欧州リーグ(EL)の初戦(対アーセナル戦)を迎える。25年ぶりの欧州カップ戦を前に弾みをつけられるか
  • アウクスブルクも2015/16シーズンにELに参戦したが、ブンデスリーガでは第12節まででわずか1勝と“二足の草鞋”に苦しんだ。ケルンにとってはいい教訓になるかもしれない
  • アウクスブルクはシーズンをまたいでホーム4戦無敗(2勝2分け)
  • ケルンはアウェー戦最近8試合で3ポイントしか勝ち点を挙げていない
  • アウクスブルクは対ケルン戦で7試合連続無敗中。対戦相手別で最も長い期間負けていない
  • 前回対戦ではアウクスブルクのク・ジャチョルとアルフレズ・フィンボガソンが退場処分、マヌエル・バウム監督も退席となったが、逆境をはねのけて2ー1で勝利している

© imago / ActionPictures

予想ラインナップ

アウクスブルク(4ー2ー3ー1)
ヒッツ;フラムベアガー(オパレ)、グーベレーウ、ヒンテレッガー、スタフィリディス;ケディラ、バイヤー;シュミード、グレゴリッチ、マックス(カイユビ);フィンボガソン

ケルン(4ー4ー2)
T・ホーン;クリュンター、ソーレンセン、ハインツ、J・ホーン;クレメンス、レーマン、ヘクター、ビッテンクールト;コルドバ、大迫