Summary

  • ブンデスリーガ第3節2日目、デュッセルドルフ対ホッフェンハイム
  • 宇佐美に今シーズン初の出番はやってくるのか
  • 過去の対戦成績はホッフェンハイムの1勝1分

ブンデスリーガ第3節2日目が9月15日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは本拠地でホッフェンハイムと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・デュッセルドルフは前節ライプツィヒと引き分けに終わり、2012/13シーズンから続いていたブンデスリーガでの連敗を6でストップした。

・しかしデュッセルドルフは、2012/13シーズンを含めブンデスリーガ直近14試合で未勝利。

・エースFWマーク・ウトが去ってしまったホッフェンハイムだが、アダム・ソロイが覚醒。同選手はブンデスリーガのキャリアで初めて開幕2試合連続で得点を記録し、現在3ゴールで得点ランキング単独首位に立っている。

・デュッセルドルフとホッフェンハイムが公式戦で激突したのは、2012/13シーズンの2試合だけ。

・同シーズン、デュッセルドルフはホームで1ー1の引き分け。アウェーでは0ー3で敗れた。

・デュッセルドルフのフリートヘルム・フンケル監督は指導者としてホッフェンハイムと3回対戦している。成績は2敗1分。

・デュッセルドルフの守護神ミヒャエル・レンジングはホッフェンハイムと過去5回対戦し、2勝3分と無敗。

・ユリアン・ナーゲルスマン監督はホッフェンハイム指揮官としてブンデスリーガ85試合目に臨む。これにより同項目でラルフ・ラングニック、マークス・ギスドルの元監督たちと肩を並べることになる。

・デュッセルドルフの宇佐美は2012/13シーズンにホッフェンハイムに所属しており、古巣との対戦となる。

予想ラインナップ

フォルトゥナ・デュッセルドルフ(5ー3ー2)
レンジング;ツィマー、ボルムート、アイハン、カミンスキ、ギーセルマン;ツィマーマン、ゾボトゥカ、モラレス;ドゥクシュ、ヘニングス

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;ノルトファイト、フォクト、ポシュ;カデラベク、ビッテンコート、グリリッチュ、ツバー、シュルツ;ソロイ、クラマリッチ