ブンデスリーガ

第29節の注目トピックス5選

首位のバイエルン・ミュンヘンがスコレスドローで足踏みする間に、後を追うライプツィヒ、ホッフェンハイム、ドルトムントがインパクトのある勝利で勝ち点3を積み上げた。昇格組のライプツィヒは来季の欧州カップ戦の出場が決定、宿敵とのダービーを制したブレーメンは残留争いからのイチ抜けを果たした。シーズン大詰めの第29節の5つのトピックスを紹介する。

1)ミドルシュートでゴールラッシュ

今節はミドルレンジから4本のシュートが決まった。ドルトムントとアイントラハト・フランクフルトの一戦では、フランクフルトのマーコ・ファビアンが20メートルの距離からゴールを記録。すると、そのわずか数分後にソクラティスがほぼ同じ距離から右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。ドルトムントは第26節までミドルシュートによる得点がなかったが、第27節からゴンザロ・カストロ、ラファエル・ゲレイロ、そしてソクラティスと3試合連続でミドルレンジからゴールを決めている。

もう1試合、豪快なシュートに沸いたのが、ホッフェンハイムメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)の一戦だ。2ー2で迎えた58分にデミルバイがFKを直接放り込むと、75分にはマーク・ウトが約18メートルの距離から左足を振り抜いて追加点を奪った。ミドルシュートはホッフェンハイムの十八番。今季はミドルレンジからリーグトップの13ゴールを挙げている。

- © imago / Schreyer
- © imago
- © imago / Nordphoto
- © gettyimages / Simon Hofmann
- © imago