近年、アウェーのレーバークーゼン戦はバイエルンにとっての“鬼門”となっている
近年、アウェーのレーバークーゼン戦はバイエルンにとっての“鬼門”となっている
ブンデスリーガ

第29節の注目カード(4)レーバークーゼン対バイエルン

前節の“デア・クラシカー”で4ー1の快勝を収めたバイエルン・ミュンヘンはすでにリーグ5連覇が確実な状況。しかし、レーバークーゼンのホームに乗り込む今節は意外な鬼門が待ち受けている。

対戦トリビア

    バイエルンはブンデスリーガで敵なし状態だが、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の合間に行われたリーグ戦では過去3シーズンで3勝1分け2敗と思わぬ苦戦を強いられている
    レーバークーゼンは今季の上位3チーム(バイエルン、ライプツィヒ、ホッフェンハイム)相手にここまで5戦全敗
    レーバークーゼンは2009/10シーズン以降のバイエルン戦15試合で3勝5分け7敗と善戦。バイエルン相手にこれ以上の成績を残しているのはドルトムントとボルシアMGのみ
    レーバークーゼンの本拠地バイ・アレーナでのバイエルン戦は今回も満員御礼がほぼ確実
    チーム平均年齢がリーグで最も高いバイエルンに対し、レーバークーゼンはリーグで2番目に若い
    バイエルンのアリエン・ロッベンはブンデスリーガ通算86ゴールのうち72ゴールを左足で決めている。また、PKを除いた75ゴールのうち52ゴールは右サイドから。ロッベンのゴールは極端なまでにパターン化されている
    バイエルンのロベルト・レバンドフスキは累積警告により出場停止

- © gettyimages / Marc Mueller/Bongarts