Summary

  • ブンデスリーガ第29節、ドルトムントとフランクフルトが対戦
  • フランクフルトは現在リーグ戦9戦未勝利
  • ドルトムントは香川が先発予想、ロイスが戦列復帰へ

前節の“デア・クラシカー”でバイエルン・ミュンヘンに1ー4の完敗を喫したドルトムントが、9試合勝ち星のないアイントラハト・フランクフルトをホームに迎える。ケガで3月上旬から離脱していたドルトムントのマーコ・ロイスが戦列に復帰する見込みだ。

対戦トリビア

  • ドルトムントはリーグ戦でホーム34戦無敗中
  • ドルトムントはフランクフルトとのホームゲームで5連勝中。その間、16得点・2失点と相手を圧倒している
  • ドルトムントは2017年に入り、すでにリーグ戦3敗。ウィンターブレークまでの16試合で喫した黒星の数に並んでしまった
  • ドルトムントとバイエルンの成績を比べると、ホームでの勝ち点差はわずか「3」なのに対し、アウェーでの勝ち点は「15」もの開きがある
  • 欧州チャンピオンズリーグ直後のドルトムントのリーグ戦成績は3勝2分け3敗
  • ドルトムントのゼバスティアン・ローデは古巣対戦。同選手はフランクフルトでブンデスリーガデビューを飾り、リーグ戦61試合出場、2得点を挙げている
  • フランクフルトはリーグ戦9戦未勝利。これほど勝ち星から遠ざかるのは3年前のアーミン・フェー体制時以来
  • フランクフルトが後半戦の11試合で得た勝ち点はわずか「9」。前半戦は第11節までに「21」ポイントを稼いでいた
  • フランクフルトの後半戦のチーム総得点はリーグワーストの「6」。また、直近のアウェー7試合で6敗を喫している

歴史的なデータ

  • このカードでは41試合連続でゴールが生まれている
  • フランクフルトはドルトムント相手に現在2連勝中(いずれもホームで勝利)。今節は1990年初頭以来となる対ドルトムント戦3連勝を狙う

シーズン前半の対戦ではセフェロビッチの決勝ゴールでフランクフルトが勝利している © imago

  • このカードは6試合連続でホームチームが勝利している(3勝ずつ)
  • ドルトムントはフランクフルトから対戦相手別最多の通算41勝、通算得失点差「+44」を記録している。さらに、相手に先制を許した展開から最多の9勝をマークしている
  • ドルトムントのホーム最大得点差勝利:6-0(※過去2度あり、直近は1996年3月23日)
  • フランクフルトのアウェー最高成績:3-1(1991年4月20日)
  • 歴代最多観客数:8万1359人(2015年12月13日)

予想ラインナップ

ドルトムント(4ー1ー4ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、ギンター、シュメルツァー;ワイグル;デンベレ、香川、ゲレイロ、ロイス;オバメヤン

アイントラハト・フランクフルト(3ー4ー1ー2)
フラデツキー;バジェホ、アブラハム、オルドニェス;チャンドラー、マスカレル、ガチノビッチ、オチプカ;ファビアン;ルゴタ、レビッチ

第23節のレーバークーゼン戦以来の復帰が見込まれているロイス © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze