後半の立ち上がりにドルトムントを突き放す貴重な追加点を挙げたロッベン - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
後半の立ち上がりにドルトムントを突き放す貴重な追加点を挙げたロッベン - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

バイエルンがデア・クラシカーで完勝

世界中が注目するドイツサッカーの頂上決戦“デア・クラシカー”が4月8日に行われ、香川真司が所属するドルトムントが敵地でバイエルン・ミュンヘンに1ー4で敗れた。前節大活躍の香川はケガのためベンチ外だった。 バイエルン・ミュンヘン 4ー1 ドルトムント

リーグ戦96回目の“デア・クラシカー”はバイエルンの強力攻撃陣が序盤からドルトムントに牙をむく。試合のファーストシュートこそドルトムントのデンベレが放ったが、以降は完全にバイエルンのペース。4分にはロッベン、ティアゴ、ラームの連係で右サイドを崩すと、ラームが中央にグラウンダーの折り返し。これをリベリが右足ダイレクトで合わせて早くも先制に成功する。

立ち上がりの失点で浮き足立つドルトムントを尻目に、バイエルンはリベリの仕掛けからゴール正面でFKを獲得。これをレバンドフスキが直接蹴り込んで10分までに2点のリードを奪う。

- © gettyimages / Matthias Hangst
- © gettyimages