Summary

  • バイエルンが「デア・クラシカー」で大勝
  • 2位シャルケがクラブ記録に並ぶリーグ6連勝
  • ホッフェンハイムがケルン相手に大爆発

バイエルン・ミュンヘンの優勝が決まるか否かが注目された第28節は、2位シャルケがクラブタイ記録となる6連勝を飾ってこれを阻止。バイエルンはまたしてもホームのサポーターの前で優勝決定の瞬間を迎えることができなかった。しかし、ドルトムント戦ではその鬱憤を晴らすかのような圧勝。2試合が6ー0のワンサイドゲームとなった第28節を5つのトピックスで振り返る。

1)優勝持ち越しもホームのファンの前で6発大勝

通算98回目の「デア・クラシカー」は誰も予想できない試合展開となった。バイエルンが前半だけで5ゴールを挙げ、最終的には6ー0でドルトムントを粉砕。ドルトムントにとってはシュトゥットガルト相手に0ー7で大敗した1991年以来の屈辱的な敗戦となった。試合後、キャプテンのマーセル・シュメルツァーは「散々な試合だった」と話すのが精一杯。一方、バイエルンのマッツ・フメルスは「僕らはメンタリティーも含めてとてつもなく素晴らしいチーム」と大勝利を喜んだ。

© imago

2)ホッフェンハイム、瀕死のケルンに容赦なし!

欧州カップ戦の出場権を狙うホッフェンハイムがド派手な勝利でラストスパートを開始。残留へ崖っぷちの17位ケルンを相手に、クラブ史上最大得点差となる6ー0の大勝を収めた。セルジュ・ニャブリが2ゴールを挙げてゴールラッシュの口火を切ると、マーク・ウトも2ゴール2アシストの大活躍。ブンデスリーガで自身初の4得点に絡んだウトは第28節のMVPに選出されている。

© imago / Eibner

3)優勝決定に待った! シャルケがグッドジョブ

2位シャルケがフライブルク相手に2ー0の快勝を収めてバイエルンの優勝決定を阻止した。好調を維持するチームは今節の勝利でクラブ記録に並ぶブンデスリーガ6連勝を達成。クラブ史上初の5試合連続クリーンシートを記録するとともに、連続無失点も462分まで伸ばした。これで3位ドルトムントとの勝ち点差は「4」。今季の強さはホンモノだ。

© imago / Pakusch

4)欧州カップ戦争い、今節の勝ち組はシャルケ&ライプツィヒ

欧州カップ戦の出場権争いで今節の勝ち組となったのはシャルケとライプツィヒだった。シャルケは今節の勝利で5位レーバークーゼンとの勝ち点差を「7」に広げ、欧州チャンピオンズリーグ出場へ大きく前進。ライプツィヒもハノーファーに3ー2で競り勝ち、勝ち点を取りこぼしたレーバークーゼン、アイントラハト・フランクフルトを抜いて6位から4位に浮上した。ケルンに大勝したホッフェンハイムも6位フランクフルトと勝ち点「3」差に肉薄。激戦は最終節まで続きそうだ。

© gettyimages / Thomas Starke

5)まさかの譲り合い? 残留争いも大混戦

残留争いも大混戦が続いているが、降格圏とその周辺をさまようチームの中で今節白星を挙げられたチームはなかった。15位ウォルフスブルク、16位マインツ、最下位ハンブルガーSVは何とか勝ち点1を拾ったものの順位の変動はなし。大敗を喫した17位ケルンも含め、相変わらず厳しい状況に置かれている。このまま譲り合いが続くようであれば、勝ち点3の重みは今後ますます大きくなりそうだ。

© gettyimages