Summary

  • ブンデスリーガ第27節、ホッフェンハイムとバイエルンが対戦
  • バイエルンは対ホッフェンハイム戦17戦無敗
  • バイエルンはリーグ戦519分間無失点中

前節ヘルタ・ベルリンを下して3位に浮上したホッフェンハイムが、5連覇へ向けてカウントダウンに入ったバイエルン・ミュンヘンをホームに迎える。ホッフェンハイムは過去、バイエルンに徹底的にカモにされてきたが、得意のホームで「今季は違うぞ」というところを見せられるか。

対戦トリビア

  • ホッフェンハイムは今季ホームで負けなし。しかしバイエルンはアウェーでリーグトップの成績を誇る
  • ホッフェンハイムは第26節終了時点でクラブレコードの勝ち点「48」を獲得している
  • 前節終了時点でバイエルンは今季の4位以上が確定。今節も勝利して4位のドルトムントが敗れると“99.999999999999%”3位以内が確定する
  • バイエルンはリーグ戦519分間無失点中
  • リーグ最年少監督のユリアン・ナーゲルスマン(29歳)と最年長監督のカルロ・アンチェロッティ(57歳)の対決に注目
  • バイエルンのロベルト・レバンドフスキはここまで103分に1点のペースでゴールを量産中。これはクラブOBのゲルト・ミュラーをもしのぐ数字(ミュラーは105分に1点)
  • 得点力ではバイエルンがリーグ1位、ホッフェンハイムもリーグ3位につけるが、両者は最もシュートが枠に嫌われているチームでもある
  • バイエルンはハビ・マルティネスが出場したリーグ戦のアウェーゲームで15戦全勝。今節も勝てばチームメートのフランク・リベリが持つ記録を抜く
  • ホッフェンハイムはアンドレイ・クラマリッチが絶好調。今季10ゴールのうち7ゴールをウィンターブレーク後に決めている
  • ホッフェンハイムのニクラス・ズューレとセバスティアン・ルディは来季のバイエルン加入が決まっている
  • ホッフェンハイムのサンドロ・ワーグナーにとっては古巣対決。ワーグナーは9歳から11年間バイエルンに所属していた

© imago / DeFodi

歴史的なデータ

  • バイエルンはホッフェンハイム戦で対戦相手別最長の17戦無敗中
  • ホッフェンハイムがリーグ戦で勝ったことがない相手は今季初昇格のライプツィヒとバイエルンだけ。他のチームからは少なくとも1勝を挙げている
  • ホッフェンハイムはバイエルンとの過去17試合のうち7試合で先制しているが、ことごとく勝利を逃している
  • ホッフェンハイムはバイエルンとのホームゲームで4連敗中
  • バイエルンの対ホッフェンハイム戦12勝のうち、3勝は90分以降に決勝点が決まっている(スコアはいずれも2ー1)
  • ホッフェンハイムのGKオリバー・バウマンはバイエルン戦13試合で3分け10敗、32失点と散々な結果に終わっている。さらにレバンドフスキには通算12ゴールを奪われている
  • ホッフェンハイムのホーム最大得点差勝利:未勝利
  • バイエルンのアウェー最高成績:2-0(2015年4月18日)
  • 歴代最多観客数:3万150人(バイエルン戦は過去8試合すべて満員御礼)

予想ラインナップ

ホッフェンハイム(3ー5ー2)
バウマン;ズューレ、フォークト、ヒュープナー;カデラベク、アミリ、ルディ、デミルバイ、ツバー;ワーグナー、クラマリッチ

バイエルン・ミュンヘン(4-2-3-1)
ウルライヒ;ラーム、ボアテング、ハビ・マルティネス、アラバ;シャビ・アロンソ、ビダル;ロッベン、ティアゴ、リベリ;レバンドフスキ