酒井所属のハンブルクと大迫所属のケルンが激突 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
酒井所属のハンブルクと大迫所属のケルンが激突 - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

第26節の注目カード(4)ハンブルガーSV対ケルン

直近3試合で2勝1分けと残留に向けて着実に勝ち点を積み重ねる16位ハンブルガーSV。再開後初戦となる今節はホームに6位のケルンを迎える。

対戦トリビア

    ケルンは2014年の再昇格以降、ハンブルク戦では3勝2分けと負け知らず
    ハンブルクはシーズン後半戦に限ればリーグ5位と好調。後半戦の8試合で敗れたのは敵地でのバイエルン・ミュンヘン戦のみ
    ハンブルクが今節をホームで戦うのに対し、12位マインツ、13位ブレーメン、14位アウクスブルク、15位ウォルフスブルクはいずれもアウェーゲーム。降格ゾーンを抜け出す絶好のチャンス
    ケルンのアントニー・モデステはチーム総得点37の59%にあたる22得点を一人でマーク。この貢献度がシーズン終了まで続けばブンデスリーガ新記録となる
    ハンブルクは後半戦に入って無失点試合が4度。GKレネ・アードラーの好調もあり、前半戦の3度を上回った

- © imago

予想ラインナップ

ハンブルガーSV(4ー2ー3ー1)
アードラー;酒井、マブライ、パパドプロス、オスチョレク;エクダル、ユング;ミュラー、ホルトビー、コスティッチ;ウッド

ケルン(3ー4ー3)
ホーン;ソーレンセン、マロー、ズボティッチ;オルコフスキ、ヘーガー、ヘクター、ラウシュ;クレメンス、モデステ、ツォラー