Summary

  • ブンデスリーガ第26節、シュトゥットガルト対ライプツィヒ
  • シュトゥットガルトは4連勝中、ライプツィヒは3戦未勝利
  • 今季前半の対戦はライプツィヒが1ー0で勝利

4連勝でついに一桁順位の9位まで浮上したシュトゥットガルトが、6位のライプツィヒをホームに迎える。ともにシュトゥットガルトのユースで育ち、ロシア・ワールドカップ出場を目指すマリオ・ゴメスとティモ・ウェアナーのストライカー対決に注目だ。

対戦データ&トリビア

  • シュトゥトガルトのタイフン・コルクト監督は初陣で引き分けた後は4連勝を達成。現在リーグで4連勝しているのはシュトゥットガルトのみ
  • シュトゥットガルトは前節ケルンに競り勝って9位に浮上。順位表のトップハーフに入るのは第4節終了時以来今季2度目
  • ライプツィヒは現在3戦未勝利(1分け2敗)。昨年末に喫した4戦未勝利のクラブワースト記録にリーチがかかった
  • ライプツィヒは後半戦の8試合でいずれも試合中のどこかでリードを奪っているが、そのうち5試合で逃げ切りに失敗。トータルで「13」もの勝ち点を失っている
  • 今季前半の対戦ではマーセル・ザビッツァーの決勝点でライプツィヒが1ー0で勝利。ただし、そのザビッツァーはそ現在10試合連続、時間にして922分間ゴールがない
  • 古巣対戦に挑むティモ・ウェアナーはライプツィヒに加入してから自己ワーストとなる6試合連続ノーゴール中
  • ライプツィヒのウェアナーとシュトゥットガルトのマリオ・ゴメスは、ドイツ代表入りを争うライバル同士。ウェアナーは代表戦10試合で7得点、ゴメスも直近10試合で6得点を挙げている
  • ゴメスはコルクト監督の就任後、チームの7得点のうち4得点を決めている。ただし、ホームではまだ復帰後のゴールがない
  • ライプツィヒのジャンケビン・オギュスタンは3試合連続で先制点を挙げているが、その3試合でチームは一度も白星を挙げていない

© imago / Picture Point LE

予想ラインナップ

シュトゥットガルト(4ー4ー2)
ツィーラー;ベック、バウムガートル、パバール、インスア;ゲントナー、アスカシバル、バートシュトゥーバー、トミー;ギンツェック、ゴメス

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;クロースターマン、オーバン(コナテ)、ウパメカノ、ベルナルド;ザビッツァー、デメ、カンプル、ブルマ;パウルゼン、ウェアナー