第21節のバイエルン戦では試合終了間際の同点弾に涙をのんだヘルタだが、今節は強豪ドルトムント相手に勝ち切った - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
第21節のバイエルン戦では試合終了間際の同点弾に涙をのんだヘルタだが、今節は強豪ドルトムント相手に勝ち切った - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

原口「ファンに勝ち点3をプレゼント」

ブンデスリーガ第24節2日目が3月11日に行われ、原口元気の所属するヘルタ・ベルリンは本拠地で香川真司の所属するドルトムントに2ー1で勝利した。後半のアディショナルタイムまでプレーした原口が試合後、当サイトのインタビューに応じた。

――勝利おめでとうございます。ようやく強豪クラブから白星を挙げました。

原口 強い相手に対して勝ち点3を取れたことは非常にうれしいですし、ホームでは毎試合すごく良い雰囲気でできているので、ファンに勝ち点3をプレゼントできてうれしかったですね。

――ヘルタはホームでは強さを発揮していますが、アウェー戦は苦手です。次節(3月18日)は大迫選手の所属するケルンに乗り込みますが。

原口 そうですね。ホームでは本当に強いですけど、アウェーでなかなか勝ち点が取れていないので、次は大事ですね。僕らも勝ち点3が欲しいので。アウェーでも3ポイントを取りたいですね。