Summary

  • ブンデスリーガ第24節、ヘルタとドルトムントが対戦
  • プラッテンハートの直接FK弾でヘルタが勝利
  • 7試合ぶり先発の香川はオバメヤンの同点弾をアシスト

ブンデスリーガ第24節が3月11日に行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが香川真司所属のドルトムントに2ー1で勝利した。原口と香川はともに先発出場。香川は1アシストを記録した。

ヘルタ・ベルリン 2ー1 ドルトムント

ヘルタの原口、ドルトムントの香川がともに先発に名を連ねた一戦は、その日本人選手2人の見せ場で幕を開ける。まずは開始2分、香川が後方からのパスを足先でうまくトラップして右前方を走るシュアレに絶妙なスルーパス。対する原口も5分、イビシェビッチとのパス交換から右サイドを抜け出し、ドリブルで中央に切れ込んで左足シュートを放つ。いずれのプレーもゴールには結びつかなかったが、日本人2人が序盤から存在感を示した。

試合が動いたのは11分、ドルトムントのバックパスを狙っていたイビシェビッチがギンターのコントロールミスに乗じてボールを奪い、右サイドを持ち上がって中央にクロス。これをフリーで詰めていたカルーが難なく押し込んでホームのヘルタが先制する。

© gettyimages / Martin Rose

勢いに乗ったヘルタは15分にも左サイドからカットインしたカルーがきわどいミドルシュートを放ち、GKビュルキを脅かす。さらにその直後のCKから再びカルーが決定的なシュートを放つが、これはゴールライン上でゲレイロがなんとかクリアした。

対するドルトムントはリーグ戦で7試合ぶりに先発した香川が躍動。28分、中盤で相手に囲まれながらも巧みにボールをキープして右足アウトサイドでドゥルムにスルーパスを通すと、37分にはファーストタッチで相手DFを交わして右サイドからクロス。39分にもオバメヤンに絶妙なスルーパスを通すなど、トップ下の位置で攻撃をリードした。

ヘルタは前半終了間際にカルー、後半の立ち上がりにもシェルブレットが決定機を迎えるが、いずれもゴールならず。すると55分にドルトムントに同点ゴールが生まれる。ゲレイロのくさびのパスをオバメヤンがヒールで落とすと、ゴール前中央でボールを受けた香川がシュートチャンスをうかがいながら左前方のオバメヤンにラストパス。オバメヤンが豪快に蹴り込んでゴールネットを揺らした。

© imago / Contrast

一気に逆転を狙うドルトムントは58分に敵陣でボールを奪ったカストロがフリーでゴール前に持ち込むが、シュートはわずかにゴール左。69分にはゲレイロの仕掛けからこぼれ球をオバメヤンが狙うが、これもわずかに枠を捉えきれなかった。すると71分、途中出場のワイザーの仕掛けからヘルタがゴール正面の絶好の位置でFKを獲得。これをプラッテンハートが左足で直接蹴り込み、ヘルタが勝ち越しに成功する。

ドルトムントもデンベレとプリシッチを投入して再び同点ゴールを目指すが、ヘルタの粘り強い守備を前に2点目が遠い。試合はこのまま2ー1で終了。ヘルタがホームでの強さを発揮してドルトムントの連勝を3で止めた。

【得点】
ヘルタ・ベルリン:カルー(11分)、プラッテンハート(71分)

ドルトムント:オバメヤン(55分)

【ラインナップ】
ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハート;シェルブレット、シュターク;原口(90分 アラギ)、ダリダ、カルー(82分 ミッテルシュテット);イビシェビッチ(66分 ワイザー)

ドルトムント(3ー4ー1ー2)
ビュルキ;バルトラ、ギンター、シュメルツァー;ドゥルム(76分 プリシッチ)、ワイグル、カストロ(76分 デンベレ)、ゲレイロ;香川;オバメヤン、シュアレ(83分 メリーノ)