レバンドフスキ(左)は今季20ゴールに到達。ルス(中央)は闘病生活を乗り越えてカムバックを果たした
レバンドフスキ(左)は今季20ゴールに到達。ルス(中央)は闘病生活を乗り越えてカムバックを果たした
ブンデスリーガ

第24節の注目トピックス5選

首位バイエルン・ミュンヘンがアイントラハト・フランクフルトに快勝を収め、2位ライプツィヒとの勝ち点差を今季最大の「10」に広げた。混戦の得点王争いでは主役3人がそろってゴールを記録。第24節のトピックス5つを紹介する。

1)カムバックラッシュ

バイエルン対フランクフルトで3人の選手が長期離脱からカムバックした。腫瘍の治療を続けていたフランクフルトのマーコ・ルスがついに戦列復帰を果たすと、背中を痛めて離脱していたマーコ・ファビアンも2017年に入って初出場。バイエルンではジェローム・ボアテングが後半戦に入って初めてピッチに立った。その他、ケルンの守護神ティモ・ホーン、ヘルタ・ベルリンのミッチェル・ワイザーが戦列復帰を果たしている。

- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © imago
- © gettyimages / Alex Grimm
- © imago