Summary

  • 両チームの対戦成績は全くの五分
  • 直近12回の対戦で引き分けは2009年1月の一度だけ
  • 今季前半戦の対決ではレーバークーゼンが勝利

リーグ戦2試合連続で3ー0の快勝と本来の姿を取り戻しつつある3位ドルトムント。今節は公式戦2連敗中と苦しい戦いが続く8位レーバークーゼンと対戦する。

対戦トリビア

  • 2017年に入り、ドルトムントが手にした勝ち点は「13」。これはバイエルン・ミュンヘンの勝ち点「14」に次ぐ好成績

  • ドルトムントは直近2試合をいずれも3-0で勝利。2試合連続無失点は今季初

  • ドルトムントは前々節のウォルフスブルク戦でシュート24本、前節のフライブルク戦ではシュート27本を放ち、2試合連続で今季の最多シュート数を更新した

  • ドルトムントは今節のレーバークーゼン戦後にヘルタ・ベルリン、インゴルシュタット、シャルケと対戦するが、今季前半戦はこの4チームとの4試合で1勝もできなかった(3分け1敗)

  • レーバークーゼンは前節のマインツ戦に敗れて今季10敗目。第22節終了時点で黒星が2桁に達するのは10年ぶり

  • レーバークーゼンは7シーズン連続で欧州カップ戦の出場権を得ているが、今季は第6節を最後に欧州カップ戦出場圏内から遠ざかっている

  • ドルトムントのピエールエメリック・オバメヤンと、レーバークーゼンのカリム・ベララビのスピード対決はこのカードの見どころ

© gettyimages / Dean Mouhtaropoulos

歴史的なデータ

  • 両チームの直近12回の対戦で引き分けは2009年1月の一度だけ

  • 両チームの対戦成績は全くの互角。75回の対戦でともに27勝ずつをマークしている

  • レーバークーゼンにとってドルトムントは昨季のリーグ戦で唯一勝ち点を奪えなかった相手。ただし、今季前半の対戦では勝ち点3を手にしている

  • レーバークーゼンはドルトムントとの直近4試合のうち3試合で無得点に終わっている

  • ドルトムントはホームでレーバークーゼン相手に先制したゲームでは一度も負けていない

  • ドルトムントホームで行われた同カードがスコアレスドローに終わったのは1986年8月の一度だけ

  • ドルトムントの最大得点差勝利:3-0(2015年9月20日)

  • レーバークーゼンのアウェー最高成績:3-0(1995年3月18日)

  • 歴代最多観客数:8万1500人(2003年11月22日)

予想ラインナップ

ドルトムント(3ー4ー2ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、シュメルツァー;ドゥルム、カストロ、ワイグル、ゲレイロ;デンベレ、ロイス;オバメヤン

レーバークーゼン(4ー4ー2)
レノ;ヘンリクス、トプラク、ドラゴビッチ、ウェンデル;ベララビ、ベンダー、カンプル、ブラント;チチャリート、フォラント