ケルンは53分に大迫が1点差に詰め寄る追撃弾をマークしたが…… - © © imago
ケルンは53分に大迫が1点差に詰め寄る追撃弾をマークしたが…… - © © imago
ブンデスリーガ

大迫の追撃弾も実らず。ケルンがライプツィヒに敗れる

ブンデスリーガ第22節が2月25日に行われ、大迫勇也が所属するケルンが敵地でライプツィヒに1ー3で敗れた。先発出場の大迫は0ー2で迎えた53分に一時1点差に詰め寄る追撃弾をマークした。

ライプツィヒ 1ー3 ケルン

試合はホームのライプツィヒが開始5分にいきなり先制点を奪う。ケルンのGKケスラーのクリアミスをウェアナーが頭でつなぐと、フォースベルクがマローを交わして確実にゴールへ流し込んだ。

15分を過ぎてようやくケルンもリズムをつかむが、攻撃の芽をことごとくつぶされて突破口を見いだせない。逆に18分には、前掛りになったディフェンスラインの裏をウェアナーに狙われて決定機を作られる。これはケスラーがCKに逃れたが、そのCKからも再三のピンチを迎えた。

ライプツィヒに追加点が生まれたのは34分。右サイドで縦パスを受けたケイタが相手の最終ラインとGKの間にボールを送ると、これがマローに当たってオウンゴールを誘発。ケルンは前半のうちに2点のビハインドを背負う苦しい展開を強いられる。

- © imago