大迫所属の7位ケルンが2位ライプツィヒとのウェーゲームに挑む
大迫所属の7位ケルンが2位ライプツィヒとのウェーゲームに挑む
ブンデスリーガ

第22節の注目カード(3)ライプツィヒ対ケルン

ライプツィヒは前節、敵地でボルシアMGに競り勝って連敗を2でストップ。今節はホームに戻ってケルンと対戦する。攻撃力のライプツィヒと守備力のケルン。好対照な両チームがぶつかり合う。

対戦トリビア

    両チームともにカウンター攻撃の破壊力はリーグ屈指

    ケルンはアウェーゲーム直近5試合でわずか1勝。その1勝も最下位ダルムシュタットから挙げたもの

    ライプツィヒは今季21失点のうち3分の1を頭で決められている。直近3試合でもヘディングから4失点

    ライプツィヒは第20節のハンブルガーSV戦で今季ホーム初黒星を喫したが、ここまでホームで勝ち点25はリーグトップタイの好成績

- © imago

歴史的なデータ

    公式戦初対決となった前回対戦は1-1のドローに終わった

    ラルフ・ハーゼンヒュットル(ライプツィヒ)とペーター・シュテーガー(ケルン)の両指揮官は、現役時代にオーストリア代表とオーストリア・ウィーンでチームメートだった。1991年から1993年の間に3度のリーグ制覇を果たしている