後半戦好調の首位バイエルンと16位ハンブルガーSVが激突
後半戦好調の首位バイエルンと16位ハンブルガーSVが激突
ブンデスリーガ

第22節の注目カード(1)バイエルン・ミュンヘン対ハンブルガーSV

前節は土壇場のゴールで勝ち点1をもぎ取った首位バイエルン・ミュンヘン。今節は16位ながら後半戦好調のハンブルガーSVをホームに迎える。

対戦トリビア

    シーズン後半戦の4試合でバイエルンはリーグトップの勝ち点「8」を獲得。一方のハンブルクもそれに次ぐ勝ち点「7」を手にしている

    バイエルンはハンブルクとのホームゲームで7連勝中。その間の得点は37、失点は3と相手を圧倒している

    バイエルンはハンブルクとの公式戦で16戦無敗中

    バイエルンは今季ホームで負け知らずだが、ハンブルクは第20節で2位のライプツィヒにホーム初黒星をつけている

    ハンブルクのホームで行われた今季前半戦の対戦では、88分にヨシュア・キミッヒが決勝点を挙げてバイエルンが1-0で勝利。ハンブルクはその翌日にブルーノ・ラバディア監督を解任した

    バイエルンのトーマス・ミュラーは今季まだ1ゴール止まりだが、ハンブルクとの直近12試合で17ゴールに絡んでいる

- © gettyimages / Streubel

歴史的なデータ

    ブンデスリーガでの両チームの対戦は今回で104回目。これは105回の対戦があるブレーメンとハンブルクの“北部ダービー”に次ぐ対戦回数

    バイエルンはハンブルクから最も多くの勝利(通算62勝)と得点(通算232得点)を挙げており、いずれも対戦相手別のブンデスリーガ最多記録

    バイエルンはハンブルクとのホームゲームで通算38勝をマーク。こちらも対戦相手別の最多記録

    同カードは北ドイツと南ドイツの名門による威信を懸けた一戦だが、過去103回の対戦で退場はわずか7人しか出ていない

    ハンブルクのGKレネ・アードラーはブンデスリーガ通算250試合出場まであと1試合。なお、バイエルン戦には通算15試合出場して一度も勝ったことがなく、通算42失点を喫している

    バイエルンの最大得点差勝利:8-0(2015年2月14日)

    ハンブルガーSVのアウェー最高成績:1-0(※過去2度あり、直近は1978年12月16日)

    歴代最多観客数:7万8000人(※過去3度あり、直近は1983年11月23日)