新戦力たちのデビューゴールに沸いた第21節のトピックスを紹介する
新戦力たちのデビューゴールに沸いた第21節のトピックスを紹介する
ブンデスリーガ

第21節の注目トピックス5選

ドルトムントとライプツィヒの新戦力がそれぞれデビュー戦でゴールを記録。首位を快走するバイエルン・ミュンヘンでは、生え抜きのトーマス・ミュラーがスピード記録を達成した。欧州カップ戦の出場権をめぐる争いにも変動があった第21節を5つのトピックスで振り返る。

1)バチュアイが衝撃デビュー

ドルトムントに加入したばかりのミシー・バチュアイが、ケルン戦でいきなり2ゴールを挙げる鮮烈デビューを飾った。バチュアイはアーセナル(イングランド)に移籍したピエールエメリック・オバメヤンの後釜として加入したが、奇しくも2013年のオバメヤン以来となるデビュー戦での複数ゴールを記録。「黄色と黒は1番好きな色」と語る新戦力の活躍にサポーターの期待は急上昇している。

- © imago
- © imago / Jan Huebner
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago / Nordphoto
- © gettyimages / Schiffmann