Summary

  • ブンデスリーガ第20節、ケルン対アウクスブルク
  • ブンデスリーガでの対戦成績はアウクスブルクの5勝3分け1敗
  • 前節に先発復帰を果たした大迫は今節も先発の予想

3連勝を飾って最下位脱出が見えてきたケルンが、同じく好調の8位アウクスブルクをホームに迎える。前節5試合ぶりの先発出場を果たした大迫勇也は今節も先発が予想されている。

対戦データ&トリビア

  • ケルンは首位のバイエルン・ミュンヘンとともに後半戦を連勝スタートで飾った
  • ケルンの残留は一時は絶望的かと思われたが、昇降格プレーオフ圏の16位ブレーメンとの勝ち点差は「4」に肉薄
  • ケルンは今節も勝つと2000年以来のリーグ戦4連勝
  • アウクスブルクはこのカードで8戦連続勝ち点を獲得中。今節を引き分け以上で終えれば、クラブ史上初の同一カード9戦連続の勝ち点獲得となる
  • ケルンのアウクスブルク戦の成績はライプツィヒ戦に次いで悪い
  • ケルンは2011年10月の初対決こそ3ー0の快勝を収めたが、その後は一度もアウクスブルクに勝っていない
  • ケルンはリーグ戦でアウクスブルクと9度対戦しているが、そのうちの5試合はノーゴール。最近6試合でわずか1ゴールに抑え込まれている
  • 過去9度の対戦すべてに出場しているアウクスブルクのダニエル・バイヤーは、ケルン出身で父親はフォルトゥーナ・ケルンの元選手だった

© imago

予想ラインナップ

ケルン(4ー4ー2)
T・ホーン;ソーレンセン、メレ、ハインツ、ヘクター;クレメンス、エツチャン(コジエロ)、ヘーガー、ヨイッチ;大迫、テロッデ

アウクスブルク(4ー2ー3ー1)
ヒッツ;オパレ、グーベレーウ、ヒンテレッガー、マックス;ケディラ、バイヤー;ク・ジャチョル、グレゴリッチ、カイユビ;フィンボガソン