Summary

  • ブンデスリーガ第20節、ライプツィヒ対ハンブルガーSV
  • 通算対戦成績はライプツィヒの2勝1敗
  • ハンブルク酒井、伊藤はいずれもベンチスタート予想

最下位のケルンに敗れて4連敗を喫したハンブルガーSVはついに監督交代を決断。ベアント・ホラーバッハ新監督の下、ライプツィヒとのアウェーゲームで7試合ぶりの白星を目指す。ハンブルクの酒井高徳、伊藤達哉ともにベンチスタートが予想されている。

対戦データ&トリビア

  • ライプツィヒは最近6試合でわずかに1勝。トップ4を維持しているものの、この間に獲得した勝ち点はわずか「5」
  • ハンブルクは6試合勝ち星がなく現在は4連敗中
  • ハンブルクは第19節終了時点でクラブワーストの12敗。過去17試合でわずか2勝しか挙げていない
  • ハンブルクは後半戦に入り、リーグ唯一のノーゴール、ノーポイント
  • ハンブルクのマークス・ギスドル前監督はブンデスリーガ48試合でチームを指揮し、勝ち点52、46得点にとどまった
  • 両チームの今季の総失点はともに「28」
  • ライプツィヒは直近の9失点のうち8失点をセットプレーから喫している
  • 今季前半戦の対戦ではナビ・ケイタとティモ・ウェアナーの得点でライプツィヒが2ー0の勝利を収めた
  • 今季のハンブルクは相手に先制された12試合はすべて敗れている
  • ハンブルクのデニス・ディークマイヤーはブンデスリーガ200試合出場が目前だが、依然としてノーゴールが続いている

© gettyimages

予想ラインナップ

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;ライマー、オーバン、ウパメカノ、ベルナルド;ザビッツァー、デメ、カンプル、ケイタ(ブルマ);ウェアナー、パウルゼン

ハンブルガーSV(3ー3ー3ー1)
ポラースベック;ユング、パパドプロス、マブライ(ファンドロンヘレン);ディクマイヤー、ワラシ、ドウグラス・サントス;ハーン、ホルトビー、コスティッチ;アープ