Summary

  • ブンデスリーガ第20節、フランクフルト対ボルシアMG
  • 最近5試合のリーグ対戦成績はボルシアMGの2勝2分け1敗
  • 長谷部は先発予想、鎌田はベンチスタートか

7位アイントラハト・フランクフルトと5位メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)による注目の上位対決。フランクフルトの長谷部誠は今節も先発が予想されている。

対戦データ&トリビア

  • フランクフルトは昨季後半戦の成績がリーグワーストだったが、今季後半戦は今節勝利すれば28年ぶりの好スタートとなる(3試合で2勝1分け)
  • アウェーでリーグ2位の好成績を残しているフランクフルトに対し、ボルシアMGはホームでリーグ3位の成績を残している
  • ボルシアMGのホーム成績(勝ち点20)とフランクフルトのアウェー成績(勝ち点21)を合わせるとリーグ制覇も見えてくるが、逆にボルシアMGのアウェー成績(勝ち点11)とフランクフルトのホーム成績(勝ち点9)だと残留争いに巻き込まれることに
  • 今季のフランクフルトの強さは“負けない”こと。ここまでわずか5敗で、その黒星もすべて1点差での惜敗
  • フランクフルトはリーグ最長の14試合連続失点中だが、総失点20はリーグで2番目に少ない
  • ボルシアMGはセットプレーから過去3シーズンで最多の12ゴールを奪っている
  • フランクフルトのニコ・コバチ監督は過去15年の歴代指揮官の中で最高成績を残している
  • フランクフルトはセバスティアン・ハラーが得点した試合で無敗をキープしている(5勝3分け)
  • ボルシアMGはDF登録選手の得点がリーグ最多の「8」。一方のフランクフルトは「0」

© gettyimages / Lars Baron

予想ラインナップ

アイントラハト・フランクフルト(3ー5ー2)
フラデツキー;サルセド、長谷部、ファレット;ウォルフ、ボアテング、マスカレル、ガチノビッチ、チャンドラー;ハラー、レビッチ

メンヘングラートバッハ(4ー4ー2)
ゾマー;エルベディ、ギンター、ベスタ―ガード、ウェント;ヘアマン、クラマー、ザカリア、アザール;シュティンドル、ラファエル